NEWS
2014年03月30日 15時09分 JST | 更新 2014年03月30日 15時18分 JST

渡辺喜美氏と8億円 熊手業者は「酉の市を知らない者の買い方」

みんなの党の渡辺喜美代表が、化粧品販売会社ディーエイチシー(DHC)の吉田嘉明(よしだ・よしあき)会長から8億円を借り入れた問題で、渡辺代表は3月27日の記者会見で「私は酉の市によく参ります」と話し、使い道に熊手などをあげた。

これに対し、熊手業者は「酉の市を知らない者の買い方」と憤る。しんぶん赤旗が報じた。

熊手は2000円ぐらいから買うことができるし、自分の縁起を“買う”ものだから、借金で買うというのは合点がいかない。(中略)

 

借りた8億円のうち1%にもならない熊手を持ち出されるのは、業界として非常に迷惑。説明のつじつまがあわない。幸せを祈念する熊手は神聖なものです。釈明に持ち出されて悲しいよ。江戸っ子は、身銭で熊手を買います。借金で買うのなら、買わない方がいいよ。



(しんぶん赤旗「渡辺代表8億円釈明/熊手業者 怒った/“借金で買うなんて粋じゃないね”」より 2014/03/30)

江戸時代から酉の市を開催している東京・浅草にある長國寺のホームページによると、熊手を買う際には「くれぐれもはじめから大きすぎるものを求めないように」と注意がある。その理由は次のようなものだ。

まず、今年の熊手の予算を決め、境内を見て歩きます。熊手は買い始めたら毎年大きくしてゆくのが良いといわれます。くれぐれも始めから大きすぎるものを求めないように注意。



(浅草酉の市「粋に遊ぶ」より)

渡辺氏も浅草の酉の市で熊手を買っており、販売した業者とみられるホームページにも、にこやかな笑顔を浮かべる渡辺氏の写真が掲載されている。

FNNニュースは渡辺氏が熊手とともに写っている写真を見た熊手業者のコメントを報じている。

熊手の値段を業者に聞いてみると、「(熊手は)豪華だと、5~6万円でしょうね。せいぜいいっても、20~30万円じゃないですかね。彼(渡辺代表)が熊手を買っているところの写真を見たのですが、だいたい10万円いくかいかないくらいでしょうね」と話した。業者によると、ご祝儀代などは別だというが、渡辺代表が手にしていたサイズで、値段は10万円ほどだという。

(FNNニュース「8億円借入問題 選挙費用でなく個人的な旅費などに充てたと釈明」より 2014/03/28 17:55)

なお、熊手を求める政治家は多く、渡辺氏だけではない。以下、政治家のくまでを紹介する。

関連記事

Photo galleryみんなの党 最近の動向 See Gallery