NEWS
2014年06月30日 16時49分 JST | 更新 2014年07月01日 16時46分 JST

サルが温泉につかりながらiPhoneを...「野生生物写真コンテスト」ノミネート作品10選

長い伝統を持つ野生生物写真コンテスト「ワイルドライフ・フォトグラファー・オブ・ザ・イヤー」で、史上初めて、世界中の自然愛好家や写真マニアが投票できるチャンスが提供されている。

Marsel van Oosten

長い伝統を持つ野生生物写真コンテスト「ワイルドライフ・フォトグラファー・オブ・ザ・イヤー」で、史上初めて、世界中の自然愛好家や写真マニアが投票できるチャンスが提供されている。

これは、BBCとロンドン自然史博物館が共同で主催する同コンテストが2014年で50回を迎えるのを記念して、誰もが投票できる新しい「People's Choice Award」部門が設立されたためだ。この新しい部門では、一般の人々が最も「自分の心をとらえた」写真に票を投じることができる。

この野生生物写真コンテストでは、毎年のように、数々のすばらしい写真が受賞してきた(2013年の受賞作品を紹介する日本語版記事はこちら)。どれもが、優れた写真家の技術と、シャッターチャンスをとらえる完璧なタイミングに、ただ驚くしかない作品だ。

「People's Choice」部門にノミネートされた50枚の驚くべき写真は、4万1000枚以上の応募作の中から審査員らが選定したものだ。これらを見るかぎり、今年のコンテストもこれまでと同様、傑作ぞろいのようだ。

「People's Choice」部門ノミネート作品への投票は9月5日に締め切られる。「People’s Choice Award」の優勝者は、10月に開催される「Wildlife Photographer of the Year」賞授賞式の際に発表される予定だ。

以下、「People's Choice」部門にノミネートされたの作品の中から、いくつかの写真を紹介しよう。

[Dominique Mosbergen(English) 日本語版:ガリレオ]

Photo gallery Awesome Animal Photos Of 2013 See Gallery
ハフィントンポスト日本版はFacebook ページでも情報発信しています

ハフィントンポスト日本版はTwitterでも情報発信しています