ライフスタイル
2014年11月05日 15時05分 JST | 更新 2014年11月05日 15時05分 JST

仕事に没頭する人々の姿は、どんな国でも美しい【画像集】

世界の様々な場所で仕事を行う人たちを写し出す写真コンテストの受賞作品が発表された。世界79カ国から寄せられた1万1500の応募作品は、都市の生活を驚くほど美しく誰もが思いつきもしなかった視点からとらえている。

「魚市場」。インドのコルカタ北部にある路上の魚市場で、サウマリャ・ゴーシュが撮影。

ある人にとって、「仕事へ行く」というのは、スーツを着てビジネスバッグをつかみ、列車に乗ることを意味する。別の人にとっては、日あたりのいい路上で、上半身裸の客にマッサージを施すことだったり、人で溢れかえる市場で、魚を仕分けして籠に入れることだったりする。

世界のさまざまな場所で、さまざまな仕事を行う人たちをあざやかに写し出す、写真コンテストの受賞作品が発表された。CBRE社が主催する写真コンテスト「アーバン・フォトグラファー・オブ・ザ・イヤー」。2014年のテーマ「仕事をする都市」に対して、世界79カ国から1万1500の応募作品が寄せられた。

大賞を受賞した作品「社会の仮面」は、ドイツの写真家マリウス・フィート氏が、展示ケースの宝飾品を並べる女性を撮影したものだ。作業する女性の顔と、すぐ隣に吊り下げられた華麗な仮面が奇妙な対照をなしている。

「社会の仮面」。ドイツ、デュッセルドルフでマリウス・フィートが撮影。

「フィート氏の作品は、人が細部にまで集中して作業に没頭している瞬間を完璧にとらえている」と評するのは、CBRE社ヨーロッパ・中東・アフリカ(EMEA)部門のCEOを務めるマーティン・サムワース氏。「慌ただしい都会の中で行われている、静かで精密な仕事をとらえた作品だ」。

CBRE社は、ロサンジェルスを本拠とする世界的な不動産・投資企業であり、都市をテーマにした写真コンテストを毎年主催してきた。日常的に行われている仕事を、驚くほど美しいシーンに変えたこれらの作品は、都市の生活を、誰もが思いつきもしなかった視点からとらえている。

この記事は最初にハフポストUS版に掲載されたものです。

[日本語版:梅田智世、合原弘子/ガリレオ]

Photo gallery 思わず息をのむ感動的な写真 2014 See Gallery

【関連記事】

ハフィントンポスト日本版はFacebook ページでも情報発信しています

ハフィントンポスト日本版はTwitterでも情報発信しています