NEWS
2014年12月26日 00時56分 JST

「ザ・インタビュー」公開の報復? アメリカのXboxとプレステサイトで接続障害

Reuters

[25日 ロイター] - 米マイクロソフトのビデオゲームサービスサイト「Xbox Live」とソニーの「プレイステーション・ネットワーク(PSN)」で25日、接続障害が発生し、ハッカー集団の「リザード・スクワッド」が犯行声明を出した。

同集団からのコメントは得られていない。また、マイクロソフトとソニーは接続障害の原因について明らかにしていない。

両社はクリスマスのギフトとして「Xbox」や「PS」が贈られることからこの日の利用が増えることを見込んでいた。

またソニーが、北朝鮮の金正恩第1書記の暗殺を題材にした映画「ザ・インタビュー」について「Xbox Video」などを通じたネット配信を決定したことも、接続障害につながった可能性がある。

「Xbox Live」のサイトによると、2333GMT(日本時間26日午前8時33分)現在、技術者が依然として問題解決に取り組んでいるという。

ソニーの「PSN」も0030GMT時点で、オフラインとなっている。

「リザード・スクワッド」はツイッターで犯行声明を出し、この声明が十分にリツイートされれば、サイトを復旧させるとしている。

ソニーとマイクロソフトの広報担当者からのコメントは得られていない。

関連記事

Photo gallery「シネマパラダイス★ピョンヤン」北朝鮮画像集 See Gallery