NEWS

斉藤仁さん死去 54歳、柔道オリンピックで連続金メダル

柔道で1984年ロサンゼルス、1988年ソウルとオリンピックを2連覇した斉藤仁氏が20日未明、死去した。54歳だった。
時事通信社

柔道で1984年ロサンゼルス、1988年ソウルとオリンピックを2連覇した斉藤仁氏が1月20日未明、死去した。54歳だった。スポニチなどが報じた。

2013年に胆のうを患い、闘病生活に入っていたが昨年夏に体調を崩し、年末にはさらに悪化、帰らぬ人となった。

1961年青森市生まれ。83年、国士舘大学卒業後、同大助手となりモスクワ世界選手権無差別で優勝。84年のロス五輪で95キロ超級で優勝し、金メダルを獲得した。国内では山下泰裕氏(現全柔連副会長)の好敵手として激闘を繰り広げ、体重無差別の全日本選手権は83年から3年連続決勝で挑んで敗戦。88年に同選手権を制し、同年のソウル五輪で2度目の金メダルを獲得した。

斉藤仁さんが死去 54歳 柔道で五輪2大会連続金メダル ― スポニチ 2015/01/20 10:14)

引退後は指導者となり、2000年から2008年にかけては日本男子監督を務め、2004年アテネ・オリンピック、2008年北京オリンピックでも指揮を執った。

斉藤仁さん 画像集

斉藤仁さん 画像集

2012年11月には全日本柔道連盟の強化委員長に就任。翌2013年に発覚した女子日本代表の指導陣による選手へのパワーハラスメント問題で揺れた強化現場の立て直しに奔走した

【関連記事】
ハフィントンポスト日本版はFacebook ページでも情報発信しています

やしきたかじんさん

2014年に亡くなった著名人