NEWS
2015年03月24日 19時15分 JST | 更新 2015年03月24日 19時20分 JST

東村アキコさんの『かくかくしかじか』、マンガ大賞2015を受賞 どんな作品?

3月24日、書店員を中心とした各界のマンガ好きが選ぶ「マンガ大賞 2015」の結果発表と授賞式が行われ、東村アキコさんの『かくかくしかじか』が大賞に選ばれた。

3月24日、書店員を中心とした各界のマンガ好きが選ぶ「マンガ大賞 2015」の結果発表と授賞式が行われ、東村アキコさんの『かくかくしかじか』が大賞に選ばれた

順位は以下の通り。

大賞:『かくかくしかじか』東村アキコ

2位:『子供はわかってあげない』田島列島

3位:『聲の形』大今良時

4位:『僕だけがいない街』三部けい

5位:『BLUE GIANT』石塚真一

6位:『ボールルームへようこそ』竹内友

7位:『イノサン』坂本眞一

8位:『僕のヒーローアカデミア』堀越耕平

9位:『王様達のヴァイキング』さだやす/深見真(ストーリー協力)

10位:『累 ―かさね―』松浦だるま

11位:『月刊少女野崎くん』椿いづみ

12位:『魔法使いの嫁』ヤマザキコレ

13位:『宝石の国』市川春子

14位:『ドミトリーともきんす』高野文子

『かくかくしかじか』は、雑誌『Cocohana』(集英社)で連載中の東村氏の自伝的エッセイ。少女漫画家を目指していた時代を描き出す。「自分は絵がうまい」とうぬぼれていた高校3年生の林明子は、「美術大学に進学し、在学中に漫画家としてデビューする」という計画を立て、高校3年で日高絵画教室の美大進学コースに入る。そこで待っていたのは、竹刀を持ってスパルタ指導する日高先生だった――。

『かくかくしかじか』第1巻、東村アキコ(集英社)

東村氏は2009年に『ママはテンパリスト』で8位、10年に『海月姫』で7位、11年に『主に泣いています』12位に入賞。念願の大賞受賞となった

東村さんは、受賞を記念してイラストを寄せた。

授賞式に出席した東村氏は「毎年毎年ノミネート作品を見て、漫画家の仲間たちとみんなでそわそわしていた賞だった。まさか自分が大賞を貰える日が来るとは思っていなかったので、本当に感激しています。どうもありがとうございました」と笑顔を見せた。「本当に、まさかまさか、という感じで、やったー! うれしいです」と喜びを表した。

授賞式の様子は、動画でも見ることができる。

マンガ大賞2015は、2014年1月1日〜12月31日に単行本が出版された作品で、最大巻数が8巻までのマンガ作品から選ばれる。1次選考では、選考員が「マンガ大賞」に推薦したい作品、最大5作品を選出。1次選考で選ばれた14作品から選考員が上位3作品を選び、ポイントを集計して大賞が決定する。

【関連記事】

ハフィントンポスト日本版はFacebook ページでも情報発信しています

ハフィントンポスト日本版はTwitterでも情報発信しています