NEWS
2015年08月21日 16時02分 JST

中国・天津の爆発事故、現場付近で4件の新たな火災が発生

Reuters

[北京 21日 ロイター] - 中国天津市の大規模爆発事故が起きた現場の近くで4件の火災が新たに発生し、消防などが消火にあたっている。新華社が報じた。

報道によると、発生地点のひとつは爆発事故現場に近い自動車流通センターのエリアで、残りの3カ所は爆発の中心地域。

北京市で化学物質取り扱う85社に安全上の問題、天津爆発受け検査

[上海 21日 ロイター] - 中国・天津市の大規模爆発事故を受けて北京市当局が危険な化学物質を扱う企業を検査したところ、85社の計124カ所で安全上の問題が確認された。国営の新華社が21日までに伝えた。

中にはアジア最大の石油精製企業である中国石油化工(シノペック)の施設も含まれていた。

新華社が北京市安全生産監督管理局の話として伝えたところによると、シノペック施設の安全管理担当者は石油タンク火災の対処方法に詳しくなかったという。また、複数の従業員が施設近くの宿舎で喫煙しているのも確認された。

同局の銭山・副局長は「検査に引っ掛かった企業は生産停止が命じられ、倉庫は常時監視されることになる」と述べた。

関連記事

Photo gallery天津大爆発 See Gallery