NEWS
2015年08月30日 14時40分 JST | 更新 2015年08月30日 14時40分 JST

ハリケーン・カトリーナから10年 アメリカにもたらした恐怖と破壊の爪痕(画像)

改めてカトリーナがアメリカにもたらした恐怖と破壊の爪痕を見てみよう。

ASSOCIATED PRESS
New Orleans Police and volunteers use boats to rescue residents from a flooded neighborhood on the east side of New Orleans, Wednesday, Aug. 31, 2005. Hurricane Katrina left much of the city under water. Officials called for a mandatory evacuation of the city, but many resident remained in the city and had to be rescued from flooded homes and hotels. (AP Photo/Eric Gay)

アメリカの観測史上最大級の被害をもたらした超大型ハリケーン「カトリーナ」が2005年8月末にアメリカ南部に襲来してから10年。ルイジアナ、ミシシッピ州などで1800人以上が死亡、約120万人が避難したアメリカ史上最大級の自然災害となった。

フォトジャーナリストたちが撮影した2005年当時の写真を見ると、アメリカの主要都市がかつて見たことのなかったほどの被害を受けたことが分かる。家屋は洪水でことごとく沈み、遺体が通りにあふれ、取り残された住民が屋根の上で救助を求めた。

10年前、スマートフォンもSNSも今のように行き渡っていなかった。その結果、こうした写真が広く見られることはなかった――今までは。改めてカトリーナがアメリカにもたらした恐怖と破壊の爪痕を見てみよう。

Photo gallery Hurricane Katrina See Gallery

この記事はハフポストUS版に掲載されたものを翻訳しました。

【関連記事】

ハフィントンポスト日本版はTwitterでも情報発信しています