NEWS
2015年05月11日 16時17分 JST | 更新 2015年05月11日 17時12分 JST

この10年間で傷つけられ、破壊された10の聖地(画像)

この10の聖地は、2005年以降に破壊され、大きく変貌してしまったものだ。

Dhilung Kirat/Wikipedia and AP

10年前の2005年、11世紀に建てられた荘厳なウマイヤド・モスクのミナレット(尖塔)はシリアの首都ダマスカスの街を見下ろしていた。今、モスクは瓦礫と化し、文化が失われたことがはっきりとわかる。世界はこの10年、戦火、目先だけの経済成長自然災害によって聖地が破壊されてきた。

幸運なことに、人間の魂まで失われることはない。多くの地域で住民が一丸となり、破壊された聖地を再建し、将来には復活することを思い描いている。

この10の聖地は、2005年以降に破壊され、大きく変貌してしまったものだ。しかし、これらはほんの一部にすぎない。世界中の宗教が残した重要な古代遺産の記憶を呼び起こすものとして、他の遺跡を未来に向けて保全するよう呼びかけている。

Photo gallery Nature's Astonishing Natural Disasters See Gallery

この記事はハフポストUS版に掲載されたものを翻訳しました。

【関連記事】

ハフィントンポスト日本版はFacebook ページでも情報発信しています

ハフィントンポスト日本版はTwitterでも情報発信しています