NEWS
2015年12月20日 17時57分 JST | 更新 2015年12月20日 18時04分 JST

サンタの家来が怖すぎる。まるで「悪い子はいねぇがぁー」(画像集)

クランプスの祭は、オーストリアのチロル地方で何世代にも渡って行われてきた。

「悪い子はいねぇがぁー」。子供たちにお仕置きするのは、秋田県の「なまはげ」だけではない。

東ヨーロッパのある文化では、クランプスがサンタと一緒にやって来る。クランプスは恐ろしいモンスターで、陽気な聖ニコラスとはまったく正反対だ。いい子にプレゼントをあげる代わりに、クランプスは悪い子をさらって行く。

12日に行われたチェコ共和国カプリツェの村の祭では、クランプスに扮した人々がパレードを行った。おそらく最も奇妙なクリスマスの伝統行事だ。

「クランプス」が、観客たちを震い上がらせる

クランプスの祭は、オーストリアのチロル地方では何世代にも渡って行われてきたが、最近はチェコ共和国で人気が上がってきている。

暴れん坊の「クランプス」に変身

「言うことを聞かない子にクランプスが何をするかについては、さまざまな言い伝えがあります。クランプスは、お仕置きとして子供を打つために、箒のようなものを持ちながら練り歩きます。」と、オーストリアのウィーン在住モリー・バウクさんは、アメリカにある大学のニュースソースであるオリオンに語った。

「箒のようなもの」は、たいていは枝の束だ。

クランプスは枝の束を1つ持ち、言うことを聞かない子供にお仕置きする。このクランプスはチェコ共和国のカプリツェの祭の一部となっている。

オーストリアのあるクランプス祭では、2015年、クランプスに扮した役者のうち少なくとも1人が、枝で人々を叩き始めた時、収拾がつかなくなった。10代の若者5人がケガを負った。

「娘は今、右手にギプスをはめています。両脚はみみず腫れを起こし、腫れ上がって真っ赤になっています」と両親は地元メディアに向かって怒りをあらわにした。「こんな暴力行為は伝統でもなんでもありません」。

クランプスの衣装には、チェコ共和国のカプリツェでの祭で使われたこの衣装の様に、とても精巧なものがある

カプリツェのパレードで使われたクランプスの衣装は、とても手が込んで作られていた。 写真素材の提供会社であるゲッティ・イメージズによると、衣装は羊やヤギの皮で作られることが多く、腰には大きなカウベルを下げる。

チェコ共和国のクランプスは本当にゾッとするような見た目だ

スミソニアン誌によれば、クランプスはドイツの田舎の伝統が起源で、元はノルウェー人神ヘルの息子の一人だと言う。

チェコ共和国でパレードを行うクランプスたち

クランプスは特に祭に慣れていない人にとっては、本当に恐ろしいものである。現地に住み始めたばかりのシリアやイラクの難民たちに対して、オーストリアのあるコミュニティの関係者が「聖ニコラスとクランプスが家のドアをノックする」ことを事前に知らせた、とソーシャルワーカーのニコル・クラネビッテルはNBCニュースに語った。

ニコルは新しく来た人たちが祭を「とても楽しんでいた」と語った。

チェコ共和国でパレードを行うクランプスたち

今年、クランプスは例年よりも注目を集めていた。このクリスマス時期にホラー・コメディ映画「クランプス」が公開されたからだ。現在までに、この映画は2,800万ドル以上の興行収入を上げている。

チェコ共和国でパレードで大暴れする前のクランプス

この記事はハフポストUS版に掲載されたものを翻訳しました。

【関連記事】
ハフィントンポスト日本版はTwitterでも情報発信しています