NEWS
2016年01月06日 02時30分 JST | 更新 2016年01月06日 02時31分 JST

まるでスイミー。ムクドリの群れが「巨大な鳥」に

中東イスラエルのネゲブ砂漠では毎年冬になると、ヨーロッパやロシアからムクドリが営巣するために渡ってくる。

MENAHEM KAHANA via Getty Images
A picture taken on January 4, 2015 shows a murmuration of starlings performing their traditional dance fly before landing to sleep near the southern Arab Israeli city of Rahat, in the northern Israeli Negev desert. AFP PHOTO / MENAHEM KAHANA / AFP / MENAHEM KAHANA (Photo credit should read MENAHEM KAHANA/AFP/Getty Images)

中東イスラエルのネゲブ砂漠では毎年冬になると、ヨーロッパやロシアからムクドリが営巣するために渡ってくる。夕暮れ時に巣に帰ろうと何千羽ものムクドリが空を覆い尽くす姿は、まるで大空というキャンバスに描かれた現代アートのようだ。

あるときには、群れ全体で巨大な鳥のようになった。それは、小魚が集まって巨大魚のふりをする童話「スイミー」すら連想させる。

【関連記事】

▼画像クリックで展開します▼

Photo gallery パイロットみずから撮った空撮画像 See Gallery
ハフィントンポスト日本版はTwitterでも情報発信しています