NEWS

台湾南部で大地震、台南市では7つのビルが崩壊などの被害【UPDATE】

2月6日未明、台湾南部の高雄市を震源とするマグニチュード6.4の大地震が発生した。
|

2月6日未明、台湾南部の高雄市を震源とするマグニチュード6.4の大地震が発生した。午前9時半現在、詳しい被害状況は不明だが、南部の台南市でビルが崩れるなどの被害が出ている。地元の消防などでは取り残されている人が複数いるとみて、救出活動に当たっている。ロイターなどが報じた。

NHKニュースでは、以下のように続報を報じた。台南市によると、市内では少なくとも7つのビルが崩壊したり傾いたりするなどの被害を受けた。台南市で最も被害が大きいとされる16階建てのビルは、土台部分と建物が離れて横倒しの状態に。台南市によると、このビルでは、これまでに256人の住民のうち、233人が救助されたということで、消防などが行方が分かっていない人の捜索を行っている。

毎日新聞によると、台湾当局は少なくとも14人が死亡、484人が負傷したと発表した。

(UPDATE 2016/02/07 00:33)

JOHNSON LIU via Getty Images
台南市で倒壊した建物(2月6日撮影)
JOHNSON LIU via Getty Images
ASSOCIATED PRESS
STR via Getty Images
JOHNSON LIU via Getty Images
JOHNSON LIU via Getty Images
ASSOCIATED PRESS
ASSOCIATED PRESS
ASSOCIATED PRESS
ASSOCIATED PRESS

▼画像クリックで展開します▼

Earthquake Hits Southern Taiwan

2016年2月6日の台湾地震

【関連記事】