NEWS
2016年03月13日 15時01分 JST

福士加代子は「事実上、内定」陸連が会見 女子マラソン代表選考はどうなる?

日本陸連の尾縣貢専務理事は3月13日、名古屋ウィメンズマラソン後の記者会見で、選考レースを終えたリオデジャネイロオリンピックの女子マラソン代表について、大阪国際女子を制した福士加代子(ワコール)が「事実上内定。1枠を満たした」などと語った。スポニチなどが報じた。

福士は1月の大阪国際女子で2時間22分17秒で優勝。日本陸連が定めた設定記録の2時間22分30秒を突破していた。代表選考ではこのタイムを突破した選手が優先される

尾縣専務理事は、「国内の選考レースは3つ終わりました。これで福士選手は事実上の内定で、正式には今月17日の理事会で協議したい」と話した

福士選手は、大阪国際女子マラソンで優勝したが、「内定が出ていない」として一時、名古屋ウィメンズマラソンにもエントリーして注目された。その後日本陸連が出場を控えるよう求め、欠場を決めた

■女子マラソンの代表選考

女子のオリンピック代表は最大3人。2015夏の世界選手権で7位入賞の伊藤舞が決定済みで、残り2枠。名古屋ウィメンズマラソンに出場した田中智美も日本人トップとなる2位でゴール。2時間23分18秒をマークし代表入りへ前進した

【関連記事】

▼写真をクリックするとスライドショーが開きます▼

Photo gallery 東京マラソン2016 画像集 See Gallery

ハフィントンポスト日本版はTwitterでも情報発信しています