NEWS
2016年03月28日 22時28分 JST | 更新 2016年03月29日 00時54分 JST

ボコ・ハラム、拉致した女子生徒を人間爆弾に利用か 自爆直前に拘束

ASSOCIATED PRESS
FILE - This Monday May 12, 2014 file image taken from video by Nigeria's Boko Haram terrorist network, shows the alleged missing girls abducted from the northeastern town of Chibok. Islamic extremists killed 35 people and kidnapped at least 185, fleeing residents said Thursday of an attack near the town where nearly 300 schoolgirls were taken hostage in April. Teenager Aji Ibrahim said he was lucky to escape into the bushes. "No doubt they were Boko Haram members because they were chanting "Allahu akbar" (God is Great) while shooting at people and torching houses," he told The Associated Press. (AP Photo/File)

イスラム過激派の「ボコ・ハラム」にナイジェリアで大量拉致された女子生徒の1人が、隣国カメルーンで自爆テロ用の「人間爆弾」として使われた可能性が出てきた。

ロイターによると、カメルーン北部のリマニで3月25日、爆発物を身に着けて自爆しようとしていた少女2人が自警団に拘束された。そのうち1人が当局の調べに対し、「私は2年前にボコ・ハラムに拉致された女子生徒の1人だ」と供述しているという。

2人はそれぞれ重さ12キロの爆発物が仕込まれたベルトを身に着けており、そのうち1人は薬物中毒で意識がはっきりしていないという。

ナイジェリア国営放送のNTAによると、ブハリ大統領の報道官は3月27日、カメルーン政府と協力して、拘束された少女たちの身元を確認すると述べた。拉致された女子生徒の家族団体の代表がカメルーンに派遣され、同国の首都ヨウンデで4月4日までに面会することになる見込みだ。


■女性や子供を「人間爆弾」として利用

2014年4月、ナイジェリア北東部のチボク地区では、ボコ・ハラムに学校が襲われ大勢の女子生徒が拉致された。ロイターによると、そのうち219人が、現在も行方不明のままだ。

ナイジェリア北部でイスラム国家樹立を目的に武装攻撃を続けるボコ・ハラムは、拉致した少女を自爆テロの実行役に用いていると、国連の担当者が指摘していた。子供たちの多くは自分の体が吹き飛ぶことになるとは知らずに爆弾ベルトを巻かれ、人込みに立たされた上で、遠隔操作で起爆するケースが多い。当局から疑われにくい女性や子供を「人間爆弾」として利用する非道な新手口だと、産経ニュースは報じている。


■別人の可能性も

ただし、今回の逮捕された少女は、拉致された女子生徒ではないとする情報も出ている。ナイジェリア政府は「少女たちは10歳前後」に伝えられているとNTAは伝えている。

もし事実だとすると、誘拐された生徒としては若すぎるため別人である可能性もあるという。