LADIES BE OPEN
2017年12月05日 14時25分 JST | 更新 2018年04月06日 15時38分 JST

2017年版「モデルの収入ランキング」トップ10発表 初の"プラスサイズモデル"も

今年、最も「稼いだ」モデルは?

経済誌「Forbes」が11月22日、2017年版の「世界のモデル長者番付」を発表した

15年間このランキングの首位を守ってきたジゼル・ブンチェンが2位に転落。1位はセレブリティ一家「カーダシアン・ファミリー」の一員としても知られるケンダル・ジェンナーだった。

また、プラスサイズ(大きめサイズ)モデルのアシュリー・グラハムが10位に入った。

1位のケンダル・ジェンナーはリアリティ番組出演やブランド運営も

ランキングは2016年6月1日~2017年6月1日を対象期間とし、収入額は多数の業界関係者へのインタビューに基づいて推計した。

2002年から2016年まで15年間モデル収入トップの座を維持したジゼル・ブンチェンは、ケンダル・ジェンナーにトップの座を譲った。

ケンダルは22歳にして、エスティローダーやアディダスなどの人気ブランドの広告に抜擢された。また、Instagramで8500万のフォロワーを誇る。Instagram社が公式に発表した今年最もフォロワー数を獲得したユーザーランキングでも3位に輝いた。

こうしたSNSでの人気のほか、ジェンナーはリアリティ番組「Keeping Up with the Kardashian」への出演、妹のカイリー・ジェンナーと立ち上げたファッションブランド「Kendall+Kylie」などからも収入を得た。

アジア人モデルやプラスサイズモデルもランクイン

8位のリウ・フェンは、エスティローダーと契約した初のアジア人モデル。ヴィクトリアズ・シークレットのランウェイを歩いた初めての中国人モデル、Vogueの表紙を初めて飾った中国人モデルとしても知られる。

10位には、初のプラスサイズモデルのアシュリー・グラハムがランクインした。彼女は水着ブランド「SwimSuitsForAll」のモデルを務めるほか、2016年には「スポーツ・イラストレイテッド」の表紙を飾って注目を集めた。ありのままの姿を発信し続ける姿勢に、今年も多くのファンが勇気付けられたことだろう。

Mood for the weekend!!

A S H L E Y G R A H A Mさん(@theashleygraham)がシェアした投稿 -

------

ランキングの1位から10位までは以下のとおり。

1位 ケンダル・ジェンナー 年収2200万ドル

it's that time of year again ❤️🎄✨ #Estee_Model @esteelauder

Kendallさん(@kendalljenner)がシェアした投稿 -

2位 ジゼル・ブンチェン 年収1750万ドル

3位 クリッシー・テイゲン 年収1350万ドル

I'm so excited that my collection with @revolve is finally here! Celebrating at the #REVOLVEsocialclub tonight 💕 #chrissyxrevolve

chrissy teigenさん(@chrissyteigen)がシェアした投稿 -

4位 アドリアナ・リマ 年収1050万ドル

That's a wrap Shanghai! What an incredibly beautiful, interesting, and mysterious adventure. @victoriassecret #VSFashionShow

Adriana Limaさん(@adrianalima)がシェアした投稿 -

5位 ジジ・ハディット 年収950万ドル

5位 ロージー・ハンティントン=ホワイトリー 年収950万ドル

8am glam w/ @patrickta @hairbyadir

Rosie HWさん(@rosiehw)がシェアした投稿 -

7位 カーリー・クロス 年収900万ドル

💋🌬

Karlie Klossさん(@karliekloss)がシェアした投稿 -

8位 リウ・ウェン 年収650万ドル

Sixth #VSFashionShow in Shanghai 🇨🇳Thank you to everyone who supported all of us!!!

Liu Wen (刘雯)さん(@liuwenlw)がシェアした投稿 -

9位 ベラ・ハディット 年収600万ドル

🌹

🦋さん(@bellahadid)がシェアした投稿 -

10位 アシュリー・グラハム 年収550万ドル

lbo

ハフポストでは、「女性のカラダについてもっとオープンに話せる社会になって欲しい」という思いから、『Ladies Be Open』を立ち上げました。

女性のカラダはデリケートで、一人ひとりがみんな違う。だからこそ、その声を形にしたい。そして、みんなが話しやすい空気や会話できる場所を創っていきたいと思っています。

みなさんの「女性のカラダ」に関する体験や思いを聞かせてください。 ハッシュタグ #ladiesbeopen も用意しました。 メールもお待ちしています。⇒ladiesbeopen@huffingtonpost.jp