NEWS
2017年12月11日 11時23分 JST | 更新 2017年12月11日 11時23分 JST

日馬富士を傷害容疑で書類送検 鳥取県警が起訴求める意見つける

県警は日馬富士が道具を使って殴ったことを重視した

時事通信社
日馬富士

日馬富士を傷害容疑で書類送検 県警、起訴求める意見

 大相撲の元横綱日馬富士(33)が幕内貴ノ岩(27)に暴行しけがを負わせたとされる問題で、鳥取県警は11日午前、日馬富士を傷害容疑で書類送検した。貴ノ岩側の処罰感情や、けがの程度などから検察に起訴を求める「厳重処分」の意見をつけたとみられる。今後、検察は県警の意見を参考に、起訴して正式な裁判を求めるか、略式起訴とするかなどを慎重に判断する。

 捜査関係者によると、日馬富士は10月26日の鳥取巡業の前夜、鳥取市内のラウンジで貴ノ岩を平手で十数回とカラオケのリモコンで数回殴り、頭部に全治10日程度のけがを負わせたとされる。日馬富士は、同席した横綱白鵬が、貴ノ岩の日頃の言動について説教していた際、貴ノ岩が鳴動するスマホを触ったことに腹を立てて暴行に及んだという。

 県警の任意の事情聴取に対して日馬富士は貴ノ岩への反省の意を示したという。日馬富士は11月29日の引退会見で「礼節がなっていないとき正してあげるのが先輩の義務」と語った。

 貴ノ岩は10月29日に県警に被害届と、けがを負ったことを示す診断書を提出。書類送検にあたって県警は日馬富士がリモコンで殴ったことを認め、けがの状態もそれに符合することから、日馬富士が道具を使って暴行に及んだことを重視して厳重処分の意見をつける判断をしたとみられる。

(朝日新聞デジタル 2017年12月11日 10時37分)
関連ニュース

(朝日新聞社提供)

​​​​​​​