NEWS
2017年12月22日 11時58分 JST | 更新 2017年12月22日 13時36分 JST

日本郵便の宅配便が遅れ 料金据え置きで他社から流入か

日本郵便のロゴ
Kim Kyung Hoon / Reuters
日本郵便のロゴ

宅配便の配送量が増える12月、日本郵便に宅配便が集中し、「ゆうパック」に遅配が起きている状況が明らかになったと、毎日新聞などが報じた。

共同通信によると、日本郵便の話として、4日に大阪市内の郵便局、11日に東京都内の郵便局でそれぞれ作業が遅れ、最終的な配送が半日程度遅れた。同社の持ち株会社、日本郵政の長門正貢社長は21日の会見で「これから年賀状が本格化するので気を引き締めてがんばりたい」と述べた。

背景には、同業他社の配送料の値上げが相次ぐ中、日本郵便は料金を据え置いているため、発注が集中しているという状況がある。

毎日新聞によると、ヤマト運輸は10月、荷物のサイズに応じて140~180円の値上げ(税抜き)を実施したほか、業界2位の佐川急便も11月、60~230円値上げした。「ゆうパック」値上げは来年3月の予定という。このタイムラグにより10月の取扱量は前年の同じ月から23%増、11月は25%増と続き、12月も17%増えるという。

日本郵便のホームページでは、年末年始期間のゆうパックや郵便物の配達が高速道路の渋滞や、北海道・沖縄への航空便の荷物制限の影響で、全国的に1~2日程度遅れると発表している。

日本郵便の広報はハフポスト日本版の取材に対し「12月15日前後に配送量のピークを迎えたが、いまは山場を過ぎ、遅れは出ていない。大阪や東京で起きたのは、荷物がたまったためというのではなく、トラックが定刻通り出発するまでに積み込みが間に合わなかったため」と説明している。