NEWS
2017年12月22日 07時05分 JST | 更新 2017年12月22日 07時33分 JST

元寺尾の錣山親方が時津風一門を離脱 貴乃花親方の支援が目的か

湊川、立田川両親方も同調

錣山親方
時事通信社
錣山親方

元関脇の寺尾として知られる大相撲の錣山(しころやま)親方(54)=本名・福薗好文(ふくぞのよしふみ)、鹿児島県出身=が、所属する時津風一門を離脱することが12月21日、明らかになった。時事ドットコムなどが伝えた。

錣山親方は一門の枠を超えて貴乃花親方(元横綱)を支持してきた。離脱は、元横綱日馬富士による暴行問題をめぐり、貴乃花親方と日本相撲協会との間で対立が深まっていることと関係がありそうだ。

サンスポコムによると、錣山親方に同調し、湊親方(49)=元幕内湊富士、本名・三浦孝行、群馬県出身=と錣山親方の弟子の立田川親方(36)=元小結豊真将、本名・山本洋介、山口県出身=も時津風部屋一門を離れるという。

18日の一門会で表明して了承され、今後はどこの一門にも属さない方針。

サンスポコムは関係者の話として、錣山親方らは前回までの協会理事候補選で貴乃花親方を支援。2018年1月の初場所後にある役員候補選に向けて、各一門は立候補者を調整しており、錣山親方らは引き続き、貴乃花親方を支える意向とみられる。

錣山親方は現役時代、端正な顔立ちで女性に人気があった。その一方で、突っ張りを中心とした厳しい攻めには定評があった。

貴乃花親方は、暴行問題をめぐって協会側の聞き取り調査に応じない姿勢を貫いている。こうした態度について、協会は「非協力的」と非難し、両者の間で対立が続いている。