sumokyokai

逆境でも、多くの好角家に相撲を楽しんでもらおうという協会の気概を感じます。
「自分は男色の趣味はないので、なぜこのような行為をしたのか分からない」などと述べている。
日馬富士はビール瓶による殴打は否定。