NEWS
2018年01月16日 10時49分 JST | 更新 2018年01月16日 16時26分 JST

登坂淳一アナがNHKからフジテレビへ。麿(まろ)の愛称で人気。「2018年。私は“1”から“8”に転身します」

4月から「みんなのニュース」後継番組の司会を手がける

登坂淳一アナ
©フジテレビ
登坂淳一アナ

NHKの顔として「麿(まろ)」の愛称で親しまれた登坂淳一アナが、フジテレビの顔になる。「みんなのニュース」の後継として、4月から始まる夕方のニュース番組の司会を手がけることになった。フジテレビが1月15日に発表した。

日刊スポーツによると、登坂アナは11日にNHKを退局。16日から大手芸能事務所「ホリプロ」に所属するという。

産経ニュースによると、登坂アナは1997年にNHKに入局。「おはよう日本」を皮切りに、東京放送局の全国ニュースを担当した。穏やかな語り口から、ネット上で「麿(まろ)」の愛称で親しまれるなど根強い人気がある。

大阪放送局を経て、2017年4月に東京放送局から鹿児島放送局に異動していた

登坂アナは「2018年。私は"1"から"8"に転身し、新しく挑戦しながら元気の出る放送を温かくお届けしていきます」と意気込みを見せている。

©フジテレビ
左から反町理、登坂淳一、松山俊行の各氏

■フジテレビの発表文より

フジテレビで夕方に新たに始まる『報道・ニュース新番組』では、いま目の前で起きている最新のニュースを、FNNが総力を上げて徹底取材し、いち早く現場の「空気」とともにお伝えする、本質的な報道・ニュース番組を目指します。

メーンキャスターには、NHKでお昼のニュースなどの顔として親しまれ、 "麿"の愛称で呼ばれる登坂淳一を迎え、実績に裏付けられた安心感のある進行で、最新のニュースを丁寧に分かりやすくお伝えします。また、政治部記者やワシントン特派員などを経て、『BSフジLIVEプライムニュース』のMCとして活躍する反町理がもう1人のメーンキャスターとして、ニュースの深層に鋭く切り込み、新たな視点を提案します。2020年東京五輪に向けスポーツコーナーも拡充、エンタメ情報とともに幅広く扱うワイドコーナーとし、いま最も知りたい情報をズバリお伝えするお天気コーナーも充実させていきます。

メーンキャスター・登坂淳一

「2018年。私は"1"から"8"に転身し、新しく挑戦しながら元気の出る放送を温かくお届けしていきます! 忙しい夕方の時間、春から、一緒に過ごしてみませんか? よろしくお願いします」

<『報道ニュース新番組』(仮)番組概要>

◆放送局:フジテレビ

◆放送日時:毎週(月)~(金)午後4時50分~7時(一部地域を除く)

◆出演者:

メーンキャスター 登坂淳一

メーンキャスター 反町理

◆編集長:鴨下ひろみ

◆制作:フジテレビ報道局

<『BSフジLIVEプライムニュース』番組概要>

◆放送局:BSフジ

◆放送日時:毎週(月)~(金)午後8時~9時55分

◆出演者:

メーンキャスター 松山俊行

◆スタッフ:

編集長 松山俊行

チーフプロデューサー 上野修平(NEXTEP)

◆制作:フジテレビ報道局