NEWS
2018年01月19日 11時52分 JST | 更新 2018年01月19日 11時55分 JST

夏木陽介さんが死去 『Gメン’75』『用心棒』などに出演の俳優

友人で作家の山川健一氏が報告した。

Amebaブログ「夏木陽介、風の中を走る」より

俳優の夏木陽介さんが死去 『Gメン'75』などに出演

 俳優の夏木陽介さんが14日午前10時46分、腎細胞がんのため都内の病院で亡くなった。81歳だった。夏木さんの公式ブログで、友人で作家の山川健一氏が報告した。

 ブログでは、夏木さんは昨年10月2日に微熱が続き、肺炎と診断され入院。14日には退院し11月13日には都内で車仲間と集まり、歓談していた。その後、11月25日に自宅でストレッチをしていたところ「力が入らなくなり床に崩れ落ちた」ため、翌日病院へ行き、29日に胸椎のがんが発見。

 11月27日に集中治療室に入り、午後に意識を失うと、そのまま意識を取り戻すことはなく、今月14日に亡くなったという。

 夏木さんは1958年に東宝に入社。同年、映画『美女と液体人間』でデビュー。黒澤明監督の『用心棒』に出演。テレビでも『青春とはなんだ』『Gメン'75』などに出演した。また、自動車好きとしても知られ、ラリードライバーとしても活躍。世界的ラリーレースのダカールラリーにも出場していた。

【関連記事】