NEWS
2018年02月17日 14時15分 JST | 更新 2018年02月17日 14時56分 JST

羽生結弦が金メダル けがを乗り越え、66年ぶりのオリンピック連覇「右足に感謝しかないです」

宇野昌磨が銀。日本勢ワンツーフィニッシュ。

MLADEN ANTONOV via Getty Images
Photo credit should read MLADEN ANTONOV/AFP/Getty Images

平昌オリンピックは大会9日目の2月17日、フィギュアスケートの男子フリープログラムがあり、羽生結弦が金メダルを獲得した。また、最終滑走で登場した宇野昌磨は銀メダルを獲得した。銅メダルはスペインのフェルナンデスだった。

Dean Mouhtaropoulos via Getty Images
Photo by Dean Mouhtaropoulos/Getty Images

Jamie Squire via Getty Images
(Photo by Jamie Squire/Getty Images)

羽生は前回大会・ソチに続く2大会連続の金メダル獲得。男子では66年ぶりの偉業を達成した。

羽生は2017年11月に右足を負傷。約4カ月のブランクを経て挑戦したオリンピック。

16日のショートプログラムで、見事な復活を果たし111.68点を獲得。

17日には、映画「陰陽師」のテーマ曲「SEIMEI」にのせて4分間半のフリープログラムを滑走し、206.17点を記録。合計317.85点を獲得した。NHKアナウンサーは「怪我とも戦った4分半だった」とし、「やるべきことをリンクで見せてくれた」と羽生を讃えた。

ROBERTO SCHMIDT via Getty Images
(Photo credit should read ROBERTO SCHMIDT/AFP/Getty Images)

表彰台に上がった羽生は、弾けんばかりの笑顔で会場に手を振った。名前が呼ばれると、一番高い表彰台で深々とお辞儀をし、目には涙を浮かべた。

Damir Sagolj / Reuters
REUTERS/Damir Sagolj

NHKのインタビューに応じた羽生は負傷していた右足が持ちこたえことを喜び「右足に感謝しかないです」と語った。また、「ここまで来るのにたくさんの人々に支えていただきながら、生きて来ました」と感謝の気持ちを口にした。

Jamie Squire via Getty Images
Photo by Jamie Squire/Getty Images

AFP/Getty Images
(Photo credit should read ROBERTO SCHMIDT/AFP/Getty Images)