WORLD
2018年02月19日 14時43分 JST | 更新 2018年02月21日 18時47分 JST

韓国カーリング女子チーム、全員同じ名字⇒混乱避けるための秘策が想像を超えていた

全員姉妹か?との混乱も…

江陵、2018年2月16日。
Maddie Meyer via Getty Images
江陵、2018年2月16日。

韓国女子カーリング代表チームは「チーム・キム(Team Kim)」と呼ばれている。選手5人がみな「金」という名字だからだ。

キム・ミンジョン監督が率いるこのチームは、キム・ギョンエ、キム・ヨンミ、キム・ソニョン、キム・チョフェ、キム・ウンジョン選手で構成されている。

名字がみな「金(キム)」であることで混乱も...。一部の海外メディアから、彼女たちはみんな姉妹なのかと聞かれたり、他国の選手たちとの交流に苦労したりした。

これに対してチームは、ある解決策を編み出した。メンバー全員にそれぞれの「英語名」をつけることにしたのだ。

名前の選び方は、なんともユニークだった。その日の朝に食べた料理をもとに、英語の名前をつけた。

キム・ウンジョンは、食べていたヨーグルトの商標から名前を取って「エニ」、キム・チョヒはチョコレートから「チョチョ」、キム・ヨンミは「パンケーキ」となった。

キム・ソニョンは、片面だけ焼いた半熟の卵・サニーサイドアップを食べたので「サニー」。お肉が好きなキム・ギョンエは「ステーキ」になった。

パンケーキ・キム、エニ・キム、サニー・キム、ステーキ・キム、チョチョ・キムで組まれた韓国女子カーリング代表チーム。2月19日午前、スウェーデンを下して共同1位を獲得した。20日午後、アメリカと対戦する予定だ。

ハフポスト韓国版から翻訳・編集しました。