WORLD
2018年02月23日 13時47分 JST | 更新 2018年02月23日 16時41分 JST

ザギトワが金メダル。女王メドベージェワを下したのは、15歳の天才少女だった(画像集)

オリンピック初出場で圧巻の滑り。世界の度肝を抜いた。

平昌オリンピックは2月23日、フィギュアスケート女子フリープログラムがあり、アリーナ・ザギトワ(15歳、OAR)が239.57点(SPとの合計)で金メダルに輝いた

この日ザギトワは、金の刺繍で彩られた美しい赤色の衣装で登場。バレエ「ドン・キホーテ」の曲にのせて、オリンピック初出場ながら世界に圧巻の演技を見せつけた。

冒頭はスピンやステップシークエンスをこなした。途中、難易度の高いルッツとループの連続3回転で、1本目の着氷でスピードが落ち2本目が跳べなかったが、終盤でリカバリーに成功。3回転ルッツに3回転ループをつけ、得点をあげた。

AFP/Getty Images

ROBERTO SCHMIDT via Getty Images

ROBERTO SCHMIDT via Getty Images

Harry How via Getty Images

Valery Sharifulin via Getty Images

演技を終えると、ザギトワは会心のガッツポーツを見せた。

■「女王」メドベージェワは涙の銀メダル

ザギトワのライバル、OARのエフゲニア・メドベージェワは銀メダル。映画「アンナ・カレーニナ」のテーマに乗せて、貫禄の滑りを見せた。

Valery Sharifulin via Getty Images

Valery Sharifulin/TASS

MLADEN ANTONOV via Getty Images

Getty Images

メドベージェワは巧みなコンビネーションジャンプと世界トップレベルの表現力で観客を魅了した。

演技終了後、18歳の女王は感極まった様子で肩を震わせ、涙を流した。

Harry How via Getty Images

ROBERTO SCHMIDT via Getty Images

ROBERTO SCHMIDT via Getty Images

メドベージェワのフリーの得点は156.65点とザギトワと同点だったが、ショートプログラムとの合計得点でわずか1.31点及ばず。涙の銀メダルとなった。

日本の宮原知子は4位、坂本花織は6位だった。

Photo galleryザギトワ・フリーの演技 See Gallery

【※】最新の情報が入り次第、更新します。