ライフスタイル
2018年03月05日 12時05分 JST | 更新 2018年03月05日 22時29分 JST

アカデミー賞のプレゼンターは、56年前と同じドレスでステージに立った

「ウエスト・サイド・ストーリー」に出演したリタ・モレノ

Getty

1962年にミュージカル映画「ウエスト・サイド・ストーリー」でアカデミー助演女優賞を受賞した俳優、歌手、ダンサーのリタ・モレノ。

56年後の2018年アカデミー賞授賞式にプレゼンターとして、同じドレスで登場して注目を集めた。

FilmMagic
リタ・モレノ(左)と「ナチュラルウーマン」で外国語映画賞を受賞した、セバスティアン・レリオ監督。

「映画界のレジェンド、リタ・モレノが、1962年アカデミー賞授賞式と同じドレスで参加」

エンターテイメントチャンネルE!のインタビューでモレノは、ドレスはフィリピンで作られたと明かした。

「これ、オビでできているんですよ。オビっていうのは日本の女性がきものを着る時に腰に巻くものです。普通は何重にも巻いて使うものなんですけれど、これは一枚のドレスになっています」

また、「長い年月が経っているのに素晴らしい状態を保っていますね」と言われると「私も驚いたんですよ。もう変色しているものだとと思っていたから。ずっとクローゼットにかけてあったんです」と答えた。

<インタビュー動画(英語)>

1962年当時の写真と比べてみると、ドレスはネックラインがリメイクされている。

大きく開いた肩に美しいネックレスをあわせたスタイルは、現在86歳のモレノによく似合っている。

VALERIE MACON via Getty Images
2018年のアカデミー賞授賞式に参加したリタ・モレノ

Bettmann Archive
1962年の授賞式で、ジョージ・チャキリスと並んでオスカーをみせるリタ・モレノ

1962年に助演女優賞を受賞したとき、モレノのスピーチは15秒と他の受賞者に比べて短かった。その理由をE!にこう説明した。

「受賞するなんて思っていなかったんです。『ニュールンベルグ裁判』のジュディ・ガーランドが受賞すると思っていた。彼女はとても印象的な役を演じていましたから」

「だからこう言ったんです。『フィリピンのマニラにいたんですけれど、念のために一応飛んできたんです』って。このドレスは、マニラで作られたものです」