WORLD
2018年03月05日 18時12分 JST | 更新 2018年03月05日 21時16分 JST

元NBA選手のコービー・ブライアント、アカデミー賞受賞に喜び爆発「NBA優勝よりも気分がいい」

短編アニメ部門で。古巣レイカーズやレブロン・ジェームズらが祝福のメッセージも。

授賞式で喜びを爆発させるコービー・ブライアント
Mike Blake / Reuters
授賞式で喜びを爆発させるコービー・ブライアント

5回のNBA優勝、2回のオリンピック金メダル、1回の最優秀選手賞(MVP)。元アメリカ・プロバスケットボール(NBA)選手で、これまで数々の栄光を手にしてきたコービー・ブライアントが、新たな偉業を成し遂げた。

それも今度はバスケではなく、アニメーションの世界でだ。

アメリカ・ハリウッドで3月4日に開かれた第90回アカデミー賞の授賞式で、コービーが短編アニメ賞を受賞した

もちろん、アニメーションであってもバスケへの情熱を忘れるはずもない。

作品は、コービーが現役引退を表明した2015年に書いた「Dear Basketball」というメッセージを元に、アニメーション監督グレン・キーンと一緒に制作した数分間の映像。

「6歳の少年にレイカーズという夢を与えた。僕はいつだって、丸めた靴下をボールに見立てて、部屋の隅にあるバスケットゴール代わりのゴミ箱に向けてシュートを狙う少年のまま。残り5秒で、ボールを手にしている」

本人のナレーションとともに、NBA選手という夢を抱いていたコービー少年が、名門レイカーズのスター選手として階段を駆け上がる様子をアニメーションで描いている。

ESPNによると、自身の受賞が決まったコービーさんは、信じられないといった表情でトロフィーを何度も見つめ、大きく深呼吸し、喜びを次のように語った。

「バスケット選手として、僕たちはいつも黙々とドリブルの練習をしていなければならないんだ。でも、それ以上のことができてとても嬉しい」

ステージ裏でのインタビューで心境を問われると、緊張した面持ちでこう切り出した。

「正直言って、NBAで優勝するよりも気分がいいことです。冗談ではなく、本当にそうなんだ。子どもの頃は、NBAで優勝するのを夢見てきました。そのためにたくさん努力してきました」

「僕が執筆活動を始めた頃に、引退したら何をするのかってたくさんの人に聞かれたんだ。ライターになりたい。作家になりたいんだって答えたんだ。今僕がここにいることが、それを証明してくれたと感じるんだ。考えられないよ」

終始、感情を抑えきれない様子だった。

コービーの偉業に対して、古巣のレイカーズ、元チームメイトのシャキール・オニール、ライバルとして凌ぎを削ったレブロン・ジェームズら、NBAのスター選手が偉業を讃えるメッセージがTwitterに相次いだ。

古巣・レイカーズ「毒ヘビ(コービーのニックネーム)に新たな武器」

元チームメイト、シャキール・オニール「アカデミー賞おめでとう。誇りに思うよ。それにしてもうらやましい笑」

レブロン・ジェームズ「アカデミー賞受賞に敬礼!!」

NBA「コービーのさらなる驚くべき偉業、おめでとう」