ライフスタイル
2018年04月02日 13時55分 JST | 更新 2018年04月02日 13時55分 JST

赤ちゃんチンパンジーは、なぜ膝だっこで飛行機に乗ったのか。パイロットからのメッセージが切ない

「これは、起きて欲しくないことなんです」

親を失ったチンパンジーの赤ちゃんが、パイロットの膝に乗って飛行する動画が、3月に話題になった。

とても微笑ましい光景だが、パイロットは「これは決して起きて欲しくないことだ」と言う。

動画を投稿したのは、ベルギー人のパイロット、アンソニー・カエレさん。アメリカの公共放送PBSのインタビューで、話題になった動画について語った。

コンゴ民主共和国のヴィルンガ国立公園で働くカエレさんは、普段は密猟者を取り締まるレンジャーを上空から助けたり、野生生物調査をしたりする。

年に数回、親を殺されたサルをリハビリセンターに運ぶこともある。

今回飛行機で運んだチンパンジーの赤ちゃんムッサは、密猟者から保護された。密猟された大人のチンパンジーは食料として殺されることが多い。残された子どもの多くは、ペットとして売られるという。

PBSによると、ムッサのように保護されたサルたちの多くは、飢えやストレスを感じている。また、ロープできつく締められたり、狭いケージに閉じ込められたりしたために怪我をしているサルもいる。

カエレさんは、飛行中にムッサをを押さえつけなかった理由をFacebookにこう綴る。

「なぜ、ムッサを飛行中ケージに入れなかったかったのかと、多くの人が聞きます。ストレスの多い飛行中に赤ちゃんザルが必要としているのは、檻の中に閉じ込められることではなく、ハグや深い思いやりなのです」

リハビリセンターには現在、70匹以上のチンパンジーと100頭近くのサルが保護されているという。カエレさんは3月31日、現在のムッサの写真を投稿した。

「私の"息子"のムッサは、元気です!どうかこの小さくて可愛い子が幸せになりますように!」

ムッサは密猟者の手から救い出されて、幸せな生活を送っているかもしれない。しかし、もっと良い生活を送っていたはずだったと忘れないで欲しい、とカエレさんは語った。

「動画を見て、かわいい動画だね、で終わらないで欲しい。動画で伝えたいのは、小さなチンパンジーは私の膝の上ではなくお母さんと一緒にいるべきだというメッセージです」

ハフポストUS版の記事を翻訳しました。