ライフスタイル
2018年04月06日 12時15分 JST | 更新 2018年04月06日 12時28分 JST

もう一度やり直したい。 50年前に別れた妻にプロポーズ

「心の底では、いつもどこかに初恋の気持ちがあった」

1967年、アメリカ・ケンタッキー州で、あるカップルが破局を迎えた。ハロルド・ホーランドさんとリリアン・バーネスさんの夫婦が離婚したのだ。12年間の結婚生活で、ふたりの間には、5人の子どもがいた。

「離婚は100%私の責任です」と、ハロルドさんは地元紙レキシントン・ヘラルド・リーダーに述べた。

床材のビジネスをしていたハロルドさんは、仕事ばかりしていて、妻や家族と過ごさなかった。

ハロルドさんは現在83歳。離婚した後、1975年に別の女性と結婚したが、再婚相手は2015年に亡くなった。

リリアンさんは78歳で、ハロルドさんと別れた後に2回再婚したが、二人とも亡くなった。

子どもがいたので、ふたりは離婚後も連絡を取り合っていた。卒業式や誕生日、結婚式で顔を合わせる機会もあった。

「親友とは言わないけれど、気が合う関係でした。でも子どものための関係で、それ以上のことはありませんでした」とハロルドさんはワシントン・ポストに語った。

しかし2017年の夏、ハロルドさんが開いた「家族同窓会」にリリアンさんが参加したことがきっかけで、ふたりの間に再び愛が芽生えた。

「あれこれあって、一緒に夕食をとることになりました。ふたりだけになると、友達より少し親しく振舞いました」

JOSHUA HOLLAND/INSIDE EDITION
ハロルド・ホーランドさんとリリアン・バーンズさん

それから3カ月後、ハロルドさんは1955年にやったように、リリアンさんにプロポーズした。テレビ番組トゥデイに、ハロルドさんはこう語った。

「もう一度やり直したい気持ちはあるか、彼女に尋ねました。すると、やり直したいと言いました。私たちは何年も、お互いに我慢しながら会話してきました。だけど心の底では、いつもどこかに初恋の気持ちがあったのだと思います。いつもね」

結婚式は4月14日。ふたりの孫で牧師のジョシュア・ホーランドさんが、式を執り行う。

ハロルドさんは再婚を申し込む前に、ジョシュアさんに相談してきたそうだ。「再婚を申し込んだら家族が怒るのではないか」と心配する祖父に、ジョシュアさんはこうアドバイスしたとテレビ番組インサイド・エディションに語った。

「おじいちゃん、ためらってないで申し込んだらいいじゃない。一体何を待っているの?はっきり言っちゃえば、残された時間はあまり長くないよ。神様の元に召されるまで、やりたいことをやって人生を楽しむべきだよ」

再婚を前に、昔の間違いをもう繰り返さないと、ハロルドさんは強く思っている。

「やりたいことをやりたい時にやって、彼女が行きたい場所に、どこでも連れて行きたいです」と、ハロルドさんはヘラルド・リーダーに語った。

結婚式で何を言うかはまだ考え中だ。しかしこの言葉を引用したいとハロルドさんはワシントン・ポスト紙に明かした。

「私たちは最初の道のりを一緒に歩き始めた。今、最後の道のりを一緒に歩こうとしている」

ハフポストUS版の記事を翻訳しました。

家族のかたち」という言葉を聞いて、あなたの頭に浮かぶのはどんな景色ですか?

お父さんとお母さん? きょうだい? シングルぺアレント? 同性のパートナー? それとも、ペット?

人生の数だけ家族のかたちがあります。ハフポスト日本版ライフスタイルの「家族のかたち」は、そんな現代のさまざまな家族について語る場所です。

あなたの「家族のかたち」を、ストーリーや写真で伝えてください。 #家族のかたち #家族のこと教えて も用意しました。family@huffingtonpost.jp もお待ちしています。こちらから投稿を募集しています。