NEWS
2018年04月09日 11時55分 JST | 更新 2018年04月09日 15時52分 JST

【島根地震】自宅で寝ていたNHKアナ、地震発生18分後に臨時ニュースを伝える

スーツにネクタイで、発生時の模様をレポート

nhk.or.jp
NHK松江放送局の斎康敬アナウンサー

4月9日未明に島根県大田市で震度5強を記録した地震で、NHK松江放送局のアナウンサーの対応が迅速すぎるとネット上で話題になっている。

地震発生の18分後の午前1時50分、松江放送局のスタジオから斎康敬(さい・やすたか)アナウンサーが東京放送局などの臨時のニュースに出演した。

スーツにネクタイ姿で、地震発生時の模様を以下のようにレポートした。

「私は地震があったときは自宅にいました。自宅で寝付いたところだったんですが、下から突き上げるような揺れ、そして横揺れが強く感じました」

「横揺れの時間は10秒ほどだったと思います。そのあと携帯電話の緊急地震速報が鳴ったということになります」

斎アナは、自宅から松江放送局までは徒歩で向かったと説明した。地震で目が覚めてから、わずか18分間で、自宅から放送局に移動。スタジオでテレビカメラに向かって話したことになる。

NHKは2017年12月、「働き方改革宣言」を発表。地方局記者の泊まり勤務を、段階的に廃止する方針を示している。