NEWS
2018年04月15日 20時52分 JST | 更新 2018年04月15日 21時15分 JST

まさかの減量失敗、比嘉大吾はTKO負け 座り込む敗者を新王者ロサレスが抱擁

王座剥奪の末に…

WBCフライ級タイトル戦の5回、ロサレス(右)のパンチを浴びる比嘉大吾=15日、横浜アリーナ
時事通信
WBCフライ級タイトル戦の5回、ロサレス(右)のパンチを浴びる比嘉大吾=15日、横浜アリーナ

日本ボクシングで史上初、体重超過で王座が剥奪された、WBCフライ級の比嘉大吾がクリストファー・ロサレスと対戦したタイトルマッチが4月15日、横浜アリーナで開かれた。

この試合は当日になり、比嘉がリミットを下回ったため変則タイトルマッチとして行われた。

比嘉が勝ってもタイトル剥奪、ロサレスが勝ったら新王者なるルール。比嘉は王座を失ったが、公式戦のため日本新記録となる16連続KO勝ちを賭けて、この試合に臨んだ。

時事通信
減量失敗、王座を剥奪された比嘉

比嘉は力強いパンチを武器に,KOを重ねてきた日本ボクシング界のホープと呼ばれている選手だ。毎日新聞によると、今回は1ヶ月半で12キロとも言われる減量を求められたという。

試合序盤はシーソーゲーム。5ラウンドからは激しい打ち合いになった。9ラウンドでセコンドからタオルが投げ入れられ、TKO負けを喫した。新王者となったロサレスは座り込んだ比嘉に近づき、抱擁して互いの健闘を称え合った。その姿に会場からは大きな拍手が寄せられた。