NEWS
2018年04月16日 10時15分 JST | 更新 2018年04月16日 10時15分 JST

『ポケモンGO』で死亡事故 愛知県西尾市で「ぼうけんノート」見ながら運転か

一定の速度以上で移動すると、ゲームの一部機能が使えなくなるよう仕様が変更されていましたが...

※写真はイメージです。
Sait Serkan Gurbuz / Reuters
※写真はイメージです。

スマートフォン向けゲーム「ポケモンGO」をしていたことが原因で、死亡事故が起きた。

産経ニュースによると、愛知県西尾市で4月14日、85歳の女性が乗用車にはねられて死亡。自動車運転処罰法違反(過失傷害)の疑いで現行犯逮捕された43歳の女性が、「ポケモンGO」をしていて気を取られていたと話しているという。

車を運転していた女性は、ポケモンGOのゲーム履歴がわかる「ぼうけんノート」を見ながら運転していたと、警察の調べに対して説明。既に釈放され、警察が容疑を過失致死に切り替えて任意で調べている。

事故は14日午前10時15分ごろ発生。西尾市内に住む85歳の女性が道路を歩いて渡っていたところ、同市の女性が運転する乗用車にはねられた。

NHKによると、ポケモンGOをめぐっては、日本で発売された2016年当初、運転中にプレイするドライバーが事故を起こすケースが相次いだ。

そのため、一定の速度以上で移動すると一部の機能が使えなくなるよう仕様が変更されたが、履歴を確かめる「ぼうけんノート」は見られる状態だったという。