NEWS
2018年04月23日 16時46分 JST | 更新 2018年04月23日 17時40分 JST

「漫画村」へのアクセス遮断を実施へ NTTグループ3社が発表

政府が名指しした海賊版3サイトに対して「準備が整い次第実施します」

Huffpost Japan
政府がアクセス遮断を推奨した海賊版サイト。左から「漫画村」「AniTube! 」「MioMio」

​​​​​​​アニメ・漫画の海賊版サイトへのアクセス遮断を、NTTグループのプロバイダー(ネット接続業者)3社が実施することになった。

政府が4月13日に「漫画村」「AniTube! 」「MioMio」という3つの海賊版サイトについて、プロバイダー各社が自主的にブロッキング(アクセス遮断)を実施することを促す決定をした

これを受けて23日、NTTコミュニケーションズ、NTTドコモ、NTTぷららの3社が連名で「海賊版3サイトに対してブロッキングを行うこととし、準備が整い次第実施します」と発表した

すでに「漫画村」「AniTube! 」は閉鎖。「MioMio」はサーバーには繋がるもののコンテンツが見られない状態になっており、実効性がどれだけがあるかは不明。

NTTグループの発表全文は以下の通り。

 

■インターネット上の海賊版サイトに対するブロッキングの実施について

NTTグループは、これまでも安全・安心なインターネット利用環境の提供に努めてまいりました。

この度、コンテンツ事業者団体からの要請並びに2018年4月13日に開催された知的財産戦略本部・犯罪対策閣僚会議において決定された「インターネット上の海賊版対策に関する進め方について」にもとづき、NTTコミュニケーションズ株式会社、株式会社NTTドコモ、株式会社NTTぷららの3社は、サイトブロッキングに関する法制度が整備されるまでの短期的な緊急措置として、海賊版3サイトに対してブロッキングを行うこととし、準備が整い次第実施します。

なお、政府において、可及的速やかに法制度を整備していただきたいと考えています。