NEWS
2018年04月26日 12時07分 JST | 更新 2018年04月26日 12時11分 JST

海賊版サイトへのアクセス遮断「中止して」 弁護士がNTTコミュニケーションズを提訴

NTTグループ3社は政府の意向を受けて「漫画村」など3サイトへのアクセス遮断を発表している

アクセス遮断のイメージ写真
Getty Images/iStockphoto
アクセス遮断のイメージ写真

漫画・アニメの海賊版サイトへのアクセス遮断を発表したネット接続大手の「NTTコミュニケーションズ」に対し、中澤佑一弁護士が、アクセス遮断の中止を求める裁判を東京地裁に起こすことが、4月26日に明らかになった。共同通信によると、この件で提訴が明らかになるのは初めて。

■NTTグループによるアクセス遮断とは?

政府は4月13日に「漫画村」「AniTube! 」「MioMio」という3つの海賊版サイトについて、プロバイダー各社が自主的にアクセス遮断を実施することを促す決定をした。

これを受けて4月23日、NTTコミュニケーションズ、NTTドコモ、NTTぷららの3社が連名で「海賊版3サイトに対してブロッキング(アクセス遮断)を行うこととし、準備が整い次第実施します」と発表した。

■訴状によると...

中澤弁護士はNTTコミュニケーションズとネット接続契約をしているが、規約・約款のどこにもアクセス遮断の根拠となる規定が「存在していない」と指摘。さらに、海賊版サイトへのアクセス遮断が、電気通信事業法上の義務に違反し、通信の秘密の侵害になるとしている。