特集
2018年05月01日 17時14分 JST | 更新 2018年05月22日 12時22分 JST

"あの戦争"をふり返る時間。映画「ゲッベルスと私」を監督と共に読み解く【募集終了】

5月23日(水)午後7時より。ヨーロッパから来日する監督2人の話を直接聞けます。

(c) 2016 BLACKBOX FILM & MEDIENPRODUKTION GMBH

終戦から69年の沈黙を破ったナチス政権の宣伝大臣ゲッベルスの秘書。彼女の独白を目の当たりにした時、私たちは未曾有の戦争となった第2次世界大戦をどうふり返るのでしょうか――。

ドキュメンタリー映画「ゲッベルスと私」に登場する103歳のブルンヒルデ・ポムゼルは、近代における最も冷酷な戦争犯罪者のそばにいた人物。6月16日(土)より全国で公開されるこの映画は、彼女が終戦から69年の沈黙を破って当時を語った、貴重なドキュメントです。

5月23日(水) 午後7時より行われる、「ゲッベルスと私」の映画公開ならびに監督来日記念の記念トークセッションに、ハフポストが協賛します。

ハフポスト日本版編集長の竹下隆一郎が聞き手となり、来日する「ゲッベルスと私」の監督のおふたりに本作について語っていただきます。また、ドイツと日本両方の社会を知るマライ・メントラインさんと、多様な読み解きのできる本作品の魅力について語り合います(通訳付き)。

世界各国で製作されたアーカイブ映像も映画で多数使われています。公文書の管理が問われる現代の日本において、「記録」が持っているパワーを改めて見せつけられます。

第2次世界大戦の終結から73年。平成の終わりも近づく中、私たちは"あの戦争"とどう向き合えばいいのか。

何か間違ったことが周りで起きたとき、「あれ?」と疑問に思ったとき、ひとり一人が「NO」と言えるような、自由な社会を本当に築けているのか。じっくりと歴史を語り合う時間に参加しませんか。

皆様のご参加をお待ち申し上げます。

【こんな人におすすめ】

・近現代史に関心がある

・第2次世界大戦と対比させて現在の世界情勢を考えてみたい

・フェイクニュースが問題となっている今、「情報とは何か」を問い直したい

「"あの戦争"を振り返る時間」イベント開催概要

●イベント名 「ゲッベルスと私」映画公開&監督来日記念 トークセッション ナチス宣伝大臣秘書と"悪の凡庸さ"」
●開催日時 2018年5月23日(水) 19:00開演 18:45開場

●主催 紀伊國屋書店 共催 岩波ホール、サニーフィルム

●協力 オーストリア大使館

●メディアパートナー ハフポスト日本版

●会場 紀伊國屋書店新宿本店9階イベントスペース

●参加料 500円

●応募方法 お電話にてご予約を受付いたします。(先着50名様)※募集は終了しました。

※書籍版『ゲッベルスと私』は、2018年6月、紀伊國屋書店出版部より刊行予定。

歴史の重みを感じながら、今を流れる「アタラシイ時間」について考えてみよう。

ハフポスト日本版は5月に5周年を迎えます。この5年間で、日本では「働きかた」や「ライフスタイル」の改革が進みました。

人生を豊かにするため、仕事やそのほかの時間をどう使っていくかーー。ハフポスト日本版は「アタラシイ時間」というシリーズでみなさんと一緒に考えていきたいとおもいます。

<登壇者プロフィール>

クリスティアン・クレーネス監督

1990年、ウィーンに映像プロダクションを設立し、フリーランス・プロデューサーとして活動する。アカデミー賞受賞俳優で、小説家、脚本家、劇作家、映画監督のピーター・ユスティノフ(イギリス)と長年テレビや舞台製作を共にする。2006年、ブラックボックス・フィルム & メディアプロダクションを設立し、会社経営、プロデューサー、ディレクター業を兼務する。現在、ホロコーストを生き延びた105歳のユダヤ人のドキュメンタリー『A JEWISH LIFE』を製作中。海洋資源の乱獲問題や有刺鉄線を巡る新作も準備中。

フロリアン・ヴァイゲンザマー監督

ウィーン大学で政治学とコミュニケーション学を専攻した後、オーストリアの政治誌「Profil」でジャーナリストとして働く。1995年、ウィーンを拠点にする通信社に転職し、ヨーロッパ全土に向けてニュース記事やルポルタージュを書く。その後、クリスティアン・クレーネスと、東欧とアジアをテーマにした数多くの政治・社会テレビ番組を制作する。

マライ・メントライン

翻訳・通訳・エッセイスト。ドイツ最北部の町キール出身。NHK「テレビでドイツ語」「まいにちドイツ語」に出演。2008年より日本在住。通訳・翻訳・ドイツ放送局のプロデューサーにウェブでの情報発信と、多方面に活躍中。著書に、『ドイツ語エッセイ 笑うときにも真面目なんです 』(NHK出版)がある。

竹下隆一郎(たけした・りゅういちろう)

ハフポスト日本版編集長。慶應義塾大学法学部卒。2002年朝日新聞社入社。経済部記者や新規事業開発を担う「メディアラボ」を経て、2014年~2015年スタンフォード大学客員研究員。2016年5月から現職。

【注意事項】

・イベント会場は自由席となります。開場時間よりご入場いただいた方からお好きな席にお座りいただけます。

・イベント会場での録音は固くお断りします。

・お客様のご都合や交通機関の遅延により時間に遅れた方や、係員の指示に従っていただけない場合は、イベントへのご参加をお断りする場合がございます。

・イベントの出演者・内容については急な変更等ある場合がございます。予めご了承下さい。

・定員になり次第、受付を終了させていただきます。尚、当サイトでの受付終了のご案内は遅れる場合がございます。予めご了承下さい。