NEWS
2018年05月02日 19時49分 JST | 更新 2018年05月02日 19時50分 JST

清宮幸太郎、プロ初打席は二塁打でニッコリ。ファン興奮、本人は「まあまあ」と平常心(動画)

6番DH(指名打者)で先発出場しました。

プロ野球「日本ハム」のドラフト1位新人の清宮幸太郎選手(内野手)が5月2日、楽天戦との試合でプロ初打席に臨み、2ベースヒットを放った。

この日、清宮選手は6番DH(指名打者)で先発出場。二回裏、2アウトで回ってきた第1打席。清宮選手は145キロのボールを捉え、フェンス直撃の二塁打をマーク。ファンは大歓声で称えた。

時事通信社
2回、プロ初打席で二塁打を放つ日本ハムの清宮幸太郎=2日、札幌ドーム 撮影日:2018年05月02日

2塁ベースに進んだ清宮選手は、ニッコリと笑顔を見せた。

時事通信社
2回、プロ初打席で二塁打を放ち、塁上で笑顔を見せる日本ハムの清宮幸太郎=2日、札幌ドーム 撮影日:2018年05月02日

清宮選手は球団を通じて「うまく打てました。手ごたえは、まあまあでした。いつも通り、平常心で打席に入ることができた」とコメントした。

朝日新聞デジタルによると、清宮選手は試合前にやや緊張した表情で取材に対応。「いよいよ始まるんだなという気持ち。いつも通りやるだけ。勝ちにつながるプレーをしたい」と話していた。