NEWS
2018年05月25日 13時36分 JST | 更新 2018年05月25日 13時36分 JST

「考え直したら、電話か手紙をくれ」突然の米朝会談中止、トランプ氏が書簡でつづったこと(全文)

24日午前(日本時間同日夜)に表明

北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長(写真左)とトランプ米大統領。
AFP=時事
北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長(写真左)とトランプ米大統領。

アメリカのトランプ大統領は、6月12日に予定されていた米朝首脳会談を中止する意向を明らかにした。

トランプ氏は5月24日、Twitterで「残念ながら、金正恩と予定していたシンガポールでの首脳会談を取りやめざるを得なくなった」とつづり、北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長にあてた書簡を公表した。

書簡は、中止の理由について「楽しみにしていたが、残念ながら、直近の北朝鮮の声明に表れた激しい怒りと敵意により、長く計画してきたこの会談を実施するのは適切ではないと判断した」と説明。

一方、拘束していたアメリカ人を北朝鮮が解放したことに感謝を伝えた上で、「この最も重要な首脳会談について考え直すことがあったら、遠慮せずに私に電話するか手紙を書いてほしい」とも記し、北朝鮮の対応次第では会談開催への含みをもたせた。

トランプ大統領の書簡全文は以下の通り

親愛なる委員長へ

お互いに長いこと求めてきた、シンガポールで6月12日に開催予定だった首脳会談に関し、あなたが交渉と協議へたくさんの時間を割いてくれたこと、その忍耐、努力に本当に感謝する。

会談は北朝鮮からのリクエストだったと私たちは知らされていたが、それは我々には全く関係のないこと。私はあなたと会談に参加することをとても楽しみにしていた。

残念ながら、直近のあなたの声明に表れた激しい怒りと敵意から、私は現時点では、この長く計画してきた会談を実施するのは適切ではないと考えてる。

よって、この書簡をもって、お互いのために、しかし世界にとっては不利益ではあるけれど、シンガポールでの首脳会談は実施しないと表明する。

あなたは北朝鮮の核の能力について語るけれど、我々の核兵力はあまりにも大規模かつ強大で、私はそれが絶対に使われずにすむことを神に祈っている。

あなたと私の間で、素晴らしい対話が築かれつつあると感じていた。

つまるところ、大事なのはその対話だけ。いつの日か、私はあなたと会うことを非常に楽しみにしている。

一方、人質を解放したことに感謝したい。彼らはいま家で家族と一緒に過ごしている。素晴らしい対応で、非常に感謝している。

もし、この最も大切な首脳会談についてあなたの考えが変わったのなら、遠慮なく私に電話するか手紙を書いてほしい。世界、そして特に北朝鮮は、恒久平和、素晴らしい繁栄と富を得るの大きなチャンスを失ってしまった。この失われた機会は、歴史上、本当に悲しい瞬間だ。

北朝鮮側の反応は

韓国・中央日報によると、北朝鮮の金桂冠・第1外務次官は25日、「朝鮮半島と人類の平和と安定のために全てのことを尽くすという我々の目標と意志には変わるところはなく、我々は常におおらかに開かれた心で、米国側に時間と機会を与える用意がある」と明らかにした。

また、FOXニュースでは、「世界の望みと一致しない。北朝鮮はアメリカとの問題を解決する意思がある」とする北朝鮮国営メディアの様子を伝えている。

これまでの流れは

トランプ氏は当初、米朝首脳会談の準備のため、米中央情報局(CIA)のマイク・ポンペオ長官を4月と5月に訪朝させるなど、会談へ前向きな姿勢を見せていた。

また、5月9日には、北朝鮮で拘束されていた米国人3人が解放されるなど会談実現に向けて弾みがつくと思われていた。

AFP=時事
US-PRESIDENT-TRUMP-GREETS-THE-THREE-AMERICANS-FREED-FROM-NORTH-K