WORLD
2018年05月24日 23時18分 JST | 更新 2018年05月25日 00時00分 JST

米朝首脳会談中止、トランプ大統領が表明

金正恩委員長に宛てた書簡で明らかにした。

トランプ米大統領(左)と北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長。
AFP時事
トランプ米大統領(左)と北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長。

アメリカのトランプ大統領は、6月12日にシンガポールで開催予定だった米朝首脳会談について、中止する方針を表明した。5月24日(日本時間)、北朝鮮の金正恩・朝鮮労働党委員長に宛てた書簡で公表した。

フランス24などによると、北朝鮮は24日に同国北部・咸鏡北道の豊渓里(プンゲリ)にある核実験場の坑道を爆破したと発表。首脳会談を前に米朝両国が牽制し合っていた中、北朝鮮が予告通りに核実験場を爆破したことで、会談実現を後押しする可能性があると見られていた矢先だった。