NEWS
2018年06月16日 22時28分 JST | 更新 2018年06月16日 22時28分 JST

“炎上女王”NGT48中井りか、熱愛半同せい『文春砲』で報じられる

スピーチで、『週刊文春』の取材を受けたと自ら暴露

 NGT48チームNIIIの中井りか(20)が、16日に開票された『第10回AKB48世界選抜総選挙』で2万6701票を獲得し、37位にランクイン。直後のスピーチの場では、『週刊文春』からの直撃取材"文春砲"を受けたことを自ら暴露し、「本当に申し訳ないです。ごめんなさい」とファンに謝罪した。その後、同日のネット生放送番組『文春砲Live』(後8:00)で中井はイケメンファンとの熱愛半同棲が報じられた。

 壇上で投票してくれたファンに感謝を述べると、突然「やっちまいました。木曜日の朝に4名の記者の方に囲まれて、直撃取材を受けまして。いわゆる文春砲なんですけど」と告白。詳細は明かさなかったが「悪目立ちするとこういう事が起きるんだな」とつぶやき、微妙な表情を浮かべながらも「これだけは言わせてください。アイドルだっていろいろあるんだよー!」と叫んで頭を下げた。

 同日の『文春砲Live』では、中井が「イケメンファンと熱愛半同棲」と報道。相手はイケメンファンとして知られるA氏で「業界では有名なファン。ジャニーズにいそうな感じ」という。直撃した内容の動画も流され「俺ら4人で囲んでないから。驚かせちゃったら、ごめんなさい」と詳細も語っていた。現地に潜入していた記者との中継もつなぎ「突然のこと過ぎて『えっ』という感じでした」とリポートもしていた。

 中井はNGT48のデビューシングル「青春時計」(昨年4月発売)ではセンターを務め、昨年の総選挙では前年の圏外から23位に急上昇した。正統派アイドル路線を歩むと思われたが、今年の元日のSHOWROOM配信から流れが一変。アンチからのコメントに「元日から嫌いな人の配信を見て楽しいですかー?彼女でも作って初詣に行ってくださーい!」と煽ったところネットは大炎上し、そこから一気に"炎上女王"としてブレイク。同じグループの荻野由佳に対して「いけ好かない」と噛み付くなど、アンチは増加したがファンも増えた。現在は『青春高校3年C組』『スマートフォンデュ』『白昼夢』と3本の番組にレギュラー出演し、ポスト指原莉乃の呼び声も高い。