WORLD
2018年06月17日 17時37分 JST | 更新 2018年06月18日 12時14分 JST

メッシのPKを止めたアイスランドのハルドールソン、もう一つの顔は映像ディレクター

アイスランドの守護神は二足のわらじを履いていた

ロシアW杯で初出場となったアイスランドの選手と、その経歴にネット上で注目が集まっている。

Getty Images
メッシのPKシーン

6月16日、グループリーグD組第1節で、アルゼンチン代表とアイスランド代表が対戦した。

優勝候補として期待値が高い、リオネル・メッシ率いるアルゼンチン。対するアイスランドは、人口約35万人とW杯史上最小国で、本大会が初出場だ。

FIFA via Getty Images
Lionel Messi

試合は後半18分でアルゼンチンにPKが与えられ、しかもキッカーはキャプテンのメッシ。

しかしメッシのPKは軌道を読んだアイスランドのGKに弾かれ、試合結果は1-1の同点に終わった。

アイスランドの守護神となったキーパーの名はハンネス・ハルドールソン。「MAN OF THE MATCH」にも選出された。

Getty Images
Hannes Þór Halldórsson

そんな彼のスーパープレイだけでなく、もう一つの職業にも注目が集まっている。

スターとして脚光を浴びてきたメッシとは対照的に、アイスランド代表選手たちは国内リーグのみでは生計が立てられず、多くの選手が二足のわらじを履いている超苦労人。ハルドールソンもその1人である。

実は、ハルドールソンのもう一つの職業は映像ディレクター。

そんな彼が、母国にとって初めてとなるワールドカップ出場に向け制作した、アイスランド国内で放送されるコカ・コーラ社のコマーシャルが感動を呼んでいる。

1分42秒の動画は、アイスランド代表選手やサポーターの代名詞となった「バイキング・クラップ」をフィーチャーした覚悟と高揚感あふれる作品になっている。

メイキングビデオの中でハルドールソンはこう語っている。

「サッカー選手と映像作品の両方をやることが普通じゃない、変なことなのはわかってる。でも(このような作品を作ることは)私のサッカー選手としてのキャリアが始まる前からの人生の情熱だったんだ」

「サッカーと映像製作のどちらでもプロとして活躍できるのは、本当に幸運だと思っている。一つの仕事に集中しすぎるより、どちらの仕事も高め合える方が自分には向いている」