NEWS
2018年06月19日 20時03分 JST | 更新 2018年06月19日 20時04分 JST

「レッドブル・ホンダ」が誕生へ。強豪F1チームに2019年からエンジン供給

ホーナー代表「ともにF1の頂点を目指します」

Getty Images
2018年シーズンの「レッドブル・レーシング」のマシン

夢のチーム「レッドブル・ホンダ」が誕生だ。

ホンダは6月19日、強豪F1チーム「レッドブル・レーシング」に、2019年シーズンから2年間、エンジンを供給すると発表した。レッドブルは2010年以降、チーム優勝に4回も輝いている。

ホンダは2018年シーズンから、成績が低迷していたマクラーレンとの関係を解消し、レッドブル・グループ傘下のトロ・ロッソにエンジン供給を開始。第2戦バーレーンGPで、ピエール・ガスリー選手が4位に入るなど、好調な滑り出しを見せていた。

レッドブル・レーシングのクリスティアン・ホーナー代表は、以下のようにコメントしている。

「Hondaが今年、我々の姉妹チームであるトロ・ロッソと一緒に見せている進歩のスピードは印象的で、彼らがF1で目指しているゴールは、我々の目標と同じだとも感じています。来年Hondaと一緒に仕事ができることを非常に楽しみにしていますし、ともにF1の頂点を目指します」