BLOG
2018年06月24日 16時31分 JST | 更新 2018年06月24日 16時31分 JST

「UFOの日」にUFO出現か。強風なのに動かない。不思議な雲の正体は…

6月24日は「UFOの日」です。

「UFOの日」にUFOが出現!? 強風なのに動かない不思議雲

梅雨前線が南下して、東北~九州の広い範囲で梅雨の中休みとなっています。

そんな今日6月24日は「UFOの日」だそうです。それを狙ってか、はたまた偶然か、東北地方の空にまるでUFOのような不思議な雲が出現しています。

〔リンク〕全国のライブカメラ

ウェザーニュース
青森県平川市からの投稿(6:11)

まるでUFO(未確認飛行物体)のような、滑らかで不思議な形状の雲。しかも風に乗って流れる普通の雲と違い、出現すると場所がほとんど動きません。いったい何者なのでしょう?

正体は「つるし雲」

ウェザーニュース

(参考)山梨県富士河口湖町より(2018年2月)

ウェザーニュース

この雲の正体は「つるし雲」と呼ばれる特徴的な雲なのです。

つるし雲は、レンズ雲と呼ばれる種類の雲の一種で、

・上空に湿った空気が存在

・上空の風が強い

という状況の時に、山の風下側に発生しやすくなります。

今日の北日本付近は、オホーツク海を進む低気圧と太平洋高気圧に挟まれて、上空では強い西風が吹いています。

山を越えた湿った風が、その風下でも波打ち続け、強制的に風が上昇している部分でつるし雲が出来るのです。

風が上昇する場所で雲が出来て、風が下降する場所では雲が消えていくという現象を絶え間なく繰り返すことによって、同じ場所で雲が止まって見えます。

ウェザーニュース

岩手県八幡平市からの投稿(7:25)

いつまで見ても見飽きない、初夏の雲画廊ですね。

2018/06/24 10:57

関連記事