kisho

気象庁は、16日から18日(土曜日)にかけて、西日本から北日本の広い範囲で大雨となるおそれがあるとし、土砂災害、低い土地の浸水、河川の増水や氾濫に警戒するよう呼びかけている。
「情報を受け身で待っているのではなくて、自分から情報を取りにいって読み解く力を付けることが重要」。気象予報士の千種さんは「気象リテラシー 」を身に付ける重要性を説いています。
10月13日のラグビーワールドカップの試合の可否判断は、キックオフ6時間前までに行われます。
静岡県では防災サイトやTwitterなどで情報が更新されています。
空の色がいろいろな色に見えるメカニズムは?
沖縄の南より先は予測があまり揃っておらず、進路が予想しづらい状況です。
今週、沖縄方面などにお出かけ予定がある方は、特に台風情報をチェックして行動してください。
沖縄の南方でほとんど停滞、その後の進路が不確定
日中だけでなく、夜間も熱中症対策を
雲の中にある氷の粒に太陽の光が屈折してできる現象です