kisho

4月25日の気温の予想は? 体が暑さに慣れていないため熱中症に十分な注意が必要です。
12月30日から1月1日ごろにかけて、日本海側を中心に大雪のおそれがあります。積雪の深さや高速道路の状況の調べ方もまとめました。
今後の雪の見込みや、気象情報をチェックできるサイト、それにドライバーが気をつけるべきことをまとめて紹介します。
寒気や放射冷却などで急激に空気が冷やされることの多い秋や冬は海水よりも空気のほうが冷たくなりやすく、だるま夕日を見られることが多くなります。
今後、加速しながら北東へ進み、2日夜には日本の東で温帯低気圧に変わる予想だ。
気象庁は、16日から18日(土曜日)にかけて、西日本から北日本の広い範囲で大雨となるおそれがあるとし、土砂災害、低い土地の浸水、河川の増水や氾濫に警戒するよう呼びかけている。
「情報を受け身で待っているのではなくて、自分から情報を取りにいって読み解く力を付けることが重要」。気象予報士の千種さんは「気象リテラシー 」を身に付ける重要性を説いています。
10月13日のラグビーワールドカップの試合の可否判断は、キックオフ6時間前までに行われます。
静岡県では防災サイトやTwitterなどで情報が更新されています。
空の色がいろいろな色に見えるメカニズムは?