NEWS
2018年07月02日 12時40分 JST | 更新 2018年07月02日 12時47分 JST

小沢健二が20年ぶりに雑誌の表紙に。書き下ろしの特別寄稿も

7月9日発売の「ビッグコミックスピリッツ」

小沢健二、20年ぶり雑誌表紙飾る 夏フェスをテーマにした書き下ろし寄稿文も掲載

 歌手の小沢健二が、9日発売の『週刊ビッグコミックスピリッツ』32号で、20年ぶりに雑誌の表紙を飾ることがわかった。先日行われたツアー中に撮影された貴重なライブ写真が使用され、裏面には書き下ろしの特別寄稿「フェスへ、めんどくささを愛でに」が掲載される。

小学館
2018年7月9日発売 「週刊ビッグコミックスピリッツ」32号

 同誌は一般的に旬の女優やアイドルが表紙を飾っているが、不定期で「憲法」や「文学」など文化特集を組んできた。今回は「この夏、フェスへ!」と銘打ち、これからのシーズン本番を迎える音楽フェスについて特集する。

 巻頭グラビアには、NHK連続テレビ小説『半分、青い。』に出演中の古畑星夏が登場。「フェスデートグラビア」と称して、実際に5月に行われた「METROCK」で撮影した臨場感たっぷりのカットが掲載される。

 「妄想俺フェス 夢のタイムテーブル発表!!」では、浦沢直樹、ジョージ朝倉、ねむようこ、むつき潤の4人の漫画家が「自由にフェスステージをプロデュースできるなら、誰をブッキングするか?」をテーマに7組のアーティストを(勝手に)指名し、妄想ライブレポを展開。

関連記事