WORLD
2018年07月15日 18時05分 JST | 更新 2018年07月15日 18時20分 JST

ビーチ・チェアと死んだウミガメ 覚えておきたい1枚の写真

「いったい何百回、言わなきゃいけないんですか。モノは持ち帰ってくださいって」

浜辺に漂着した折りたたみ式のイス、そしてウミガメの死骸。環境保護団体が7月14日、フェイスブックに投稿した衝撃的な写真が衝撃を広げている。

死骸は、最も深刻な絶滅の危機にある「ケンプヒメウミガメ」のもの。折りたたみ式イスの紐が、首に巻き付いていたという。写真を投稿したウミガメの保護団体「フォート・モーガン・シェア・ザ・ビーチ」のデビー・ハービン氏は、それがウミガメの死因だと考えている。

ハービン氏は「浜辺にイスを置き去りにしても何の害もない、そんな風に考える人が多すぎます。このイスはカメの首に巻き付いていました。こんなショッキングな写真をお見せして申し訳ないのですが、本当に怒りがわいてきたので」とフェイスブックに書き込んでいる。

WARNING! Graphic This Kemps Ridley which in on the endangered list was found this morning with this chair around it's...

Fort Morgan Share the Beachさんの投稿 2018年7月14日土曜日

団体のフェイスブック投稿には、怒りに満ちた言葉が添えられている。

「ええ、本当に怒っていますよ。いったい何百回、言わなきゃいけないんですか。モノは持ち帰ってくださいって」「ちょっとした良識ですよね。『持ち帰って』と言うときには、この写真を見せることにします」

FORT MORGAN SHARE THE BEACH

地元放送局WKRGによると、これらの写真はアラバマ州のボン・セカー国立野生動物保護区の浜辺で撮られたものだという。「あまりに多くのモノが、ビーチに置き去りにされ、波にさらわれています」と、ハービン氏は語っている。

浜辺に置き去りにされたビーチ・チェアが、ウミガメの産卵・ふ化の邪魔になりうるという指摘は、以前からある。

特定非営利活動法人日本ウミガメ協議会・黒島研究所のサイトによると、ウミガメは肺呼吸のため、水面で息継ぎができないと溺れ死んでしまう。日本の海岸にも毎年300〜700体のウミガメの死骸が流れ着く。魚を捕るために設置された網にからまり、溺死するケースが多い。