ライフスタイル
2018年08月07日 13時01分 JST | 更新 2018年08月07日 13時04分 JST

びしょ濡れワンコ、波に乗る。犬のサーフィン世界大会が楽しそう

我こそ波乗り名人!サーフィン犬がカリフォルニアのビーチに集結

ビーチの風を受けながらサーフィンしたいと思うのは人間だけじゃないみたい。

アメリカ・カリフォルニアで8月4日、犬のサーフィン大会「ワールド・ドッグ・サーフィン選手権」が開かれ、我こそは波乗り名人と名乗り出た45匹のわんこ達が集結した。

今回で3回目となる同大会。特別業績賞「スピリット・オブ・サーフィン・アワード」を受賞したのはオーストラリアンケルピーのアビーだ。

アビーは子犬の時に、道端に捨てられているところを動物保護団体に拾われた。アビーの飼い主になったマイケル・ウリーさんは、アビーの自尊心を回復させるためにサーフィンを教えたという。今ではテレビや映画で活躍する人気のサーフィン犬だ。

これは、マイケル・ウリーさんと一緒に撮影した写真。

ゴールデンドゥードルのダーヴィーは、飼い主のデイヴ・エルキンソンさんとお揃いのモヒカンで参加。大型スタント犬部門優勝など、3つの賞を受賞した。

今大会では、犬だけでサーフィンする部門、飼い主とサーフィンする部門、それに犬同士でサーフィンする部門も設けられた。

犬同士でのサーフィンする場合、前方に乗った犬は濡れること必至。これは、中型犬の部門で第二位に入賞したトリスタンが練習する様子だ。

顔に水しぶきを浴びてびしょ濡れになりながらも、サーフボードで波の上を滑ってゆく。

イベントで集まったお金は、2つの動物のチャリティー団体に寄付される。わんこ達が果敢に波に挑む姿を写真と動画で見てみよう。

愛犬を激励する飼い主

早く波に乗りた〜い!飼い主を急かす

見事なサーフィン技術を披露

みんなで挑戦

本番に備えて練習中

他のわんこの波乗りをチェック中

仲良しサーフィン犬たち

ハフポストUS版の記事を翻訳・加筆しました。