NEWS
2018年08月13日 18時24分 JST | 更新 2018年08月14日 09時27分 JST

ゲリラ豪雨、久我山駅構内に水が流れ込む。Twitterにすさまじい雷雨の動画投稿相次ぐ

ウェザーニュースは、2018年7月〜9月のゲリラ豪雨について、「全国で3,852回発生する」と予想している。

@jmz1429/Twitter
調布市から撮影された、ゲリラ豪雨での落雷の様子=提供・@jmz1429/Twitter

8月13午後、突然たたきつけるような豪雨が関東地方一帯をおそった。ゲリラ豪雨だ。

Twitterには、駅に水が流れ込む様子や川のようになった道路、雷が落ちる様子などを収めた動画が相次いで投稿された。

京王井の頭線久我山駅周辺は、大量の雨水がたまり、構内のエスカレーターの下にも流入し、乗れない状態になってしまった。この動画を撮影した男性は「久我山駅周辺は、度々こうした冠水被害を被っていながらも、いまだにこうした豪雨の対策が不十分だ」とハフポスト日本版に指摘した。

各地で発生するゲリラ豪雨。発生のカギは、急激に発達する積乱雲だ。

地表の空気の温度が上がったり、暖かい空気と寒気がぶつかったりすると、上昇気流が起き、10キロもの高さの積乱雲ができる。

この状態で暖かく湿った空気が吹き込むと、雲の中に大量の水が蓄えられ、一気に雨となって降り注ぐ。

ウェザーニュースは、2018年7月〜9月のゲリラ豪雨について、「全国で3,852回発生する」と予想している。発生回数は全国平均で過去4年平均の9割、発生が少なかった2017年とほぼ同程度だという。ただ、発生回数が少ない場合でも、一回一回のゲリラ豪雨が被害をもたらす恐れがあるので、油断は禁物」と呼びかけている。