NEWS
2018年08月23日 12時36分 JST | 更新 2018年08月23日 12時36分 JST

菅井きんさん死去、92歳 「必殺」シリーズの姑役など

中村主水を「ムコ殿!」といびる“姑”役を名演しました。

「必殺」シリーズや映画『どですかでん』など多くの名作に出演した俳優の菅井きんさんが8月10日、心不全のため東京都内で亡くなった。92歳。NHKなどが報じた。

菅井さんは1926年(大正15年)、東京生まれ。

ドラマ「必殺」シリーズで、中村主水を「ムコ殿!」といびる"姑"・中村せん役や、「太陽にほえろ!」で松田優作さん演じる柴田純(ジーパン)刑事の母・柴田タキ役、「家なき子」での"鬼婆演技"など名脇役として活躍した

映画「お葬式」で、日本アカデミー賞助演女優賞を受賞した。

朝日新聞によると、菅井さんが初めて主演した映画は、2008年に公開された「ぼくのおばあちゃん」。82歳で映画に初主演し、世界最高齢映画主演女優としてギネス世界記録に認定された。

時事通信社
映画「ぼくのおばあちゃん」の完成披露試写会であいさつする菅井きんさん。撮影日:2008年09月17日