NEWS
2018年08月31日 14時52分 JST | 更新 2018年08月31日 14時52分 JST

男性巡査に逆転無罪。電車内で下半身を露出したとして有罪判決を受けていた

「最後まで闘ってよかった」

Tuayai via Getty Images
電車内のイメージ写真

電車内で下半身を露出したとして一審で罰金30万円が言い渡された男性巡査の裁判は、東京高裁で判決が覆り、逆転無罪となった。判決は8月10日に確定した。朝日新聞などが報じた。

無罪が確定したのは千葉県警柏署の男性巡査(26)。非番だった2016年10月31日昼に、JR千葉駅に停車中の電車内で、席に座った状態でジーンズのチャックを開けて陰部を露出したとして、乗客の男性に取り押さえられた。逮捕はされなかったが、2017年3月、公然わいせつ罪で在宅起訴され、休職扱いになった。

男性巡査の弁護側は「ズボンのチャックを閉め忘れていただけ」として無罪を主張したが、東京地裁は2018年2月、取り押さえた乗客の証言の信用性を認めた上で、「故意によらずに(陰部が)露出する状態になることは考えられない」として故意に公然わいせつしたと認定し、罰金30万円を言い渡した。

しかし、7月26日の東京高裁判決では、巡査の下着は開口部が開きやすいタイプだったとした上で、「陰部はジーンズ内にあり、角度によって一部が見える程度に過ぎなかった」と認定した。隣の女性の注意を引く行動はなく、女性は気付いていなかったことなどから「故意を認める証拠はない」と結論付けた

男性巡査は、無罪が確定したことで8月30日までに復職した。時事通信の取材に対して「最後まで闘ってよかった。同じような冤罪(えんざい)被害者が出ないよう声を上げたい」と話した。