WORLD
2018年09月25日 15時42分 JST | 更新 2018年09月25日 15時42分 JST

尻尾が絡み合ってしまった5匹の赤ちゃんリス、無事に救助される

草やプラスチックのかけらが複雑に尻尾に絡み合ってしまったという。

アメリカ・ウィスコンシン州にある野生動物リハビリセンターで救助された動物が注目を集めている。

Wildlife Rehabilitation Center at Wisconsin Humane Society

保護・救助されたのは、5匹のリス。BCCによると、母リスが巣を作るために使った草やプラスチックのかけらが尻尾に絡み合ってしまったという。

リスにとって尻尾は、体のバランスや暖かさを保つために大切な部分。保護したリハビリセンターは、可能な限り尻尾を傷つけないように救助したとFacebook投稿に綴っている。

Wildlife Rehabilitation Center at Wisconsin Humane Society

麻酔をかけられたリスたちは、約20分で絡み合った尻尾から解放された。尻尾が絡まっていた間、血液の循環が遮断されていたため、尻尾が壊死していないか見守る必要があるが、治ったら自然に戻す予定だという。

救助したリハビリセンターのFacebook投稿は1200以上シェアされており、「助けてくれてありがとう!」「早く回復しますように」などのコメントが寄せられている。

Wildlife Rehabilitation Center at Wisconsin Humane Society