risu

その量、なんとバケツ7杯分。一体何のために…?
傘を差し、木馬に乗り、恐竜とたたかうリス。自然写真家のニキ・コールモントさんが撮影した驚くべき写真の数々
「あの梨はとても古いので、発酵していたに違いないと、その後ふと気づいたのです」
ドイツ西部のドルトムントでカワイイ救出劇がありました。
カメラ付きで、マニュアルコントロ~ルできるんだぜ!と自慢するおじいちゃんの表情が一瞬で焦りに変わる
草やプラスチックのかけらが複雑に尻尾に絡み合ってしまったという。
足を失ったリスが自然界で生きていくのは難しい。そこで…
「リスが人を襲ってる、まだそこにいるぞ!」
このリスは、自分がやっていたことをちゃんとわかっていたようだ。
思わず画面の裏に……
リスが、目をつむって……キャベツを巻いています。
ロシア人写真家のヴァディム・ツルノフ氏は、ヴォロネジ近郊の森で興味深いリスの写真を撮影した。
リスに俺のGoProが盗まれた!巣穴まで持っていかれたカメラの運命は…
一体いくつ入るのか。小さい体にもかかわらず、お腹の中まで押しこむ勢いでドングリを食べ続けるシマリス。
インドヤシリスの赤ちゃん、ロブくんを紹介しよう。ロブくんはこの夏、スリランカの路上に落ちていたところを、映画監督のポール・ウィリアムズ氏によって救出された。